ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999342 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

快晴無風の女峰山(霧降から黒岩尾根)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー yassan
天候快晴無風で暖かい
アクセス
利用交通機関
電車バス
北千住5:15(東武動物公園・栃木)東武日光7:35/40(バス)霧降高原8:06.
東武日光15:36(区間快速)北千住17:52.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
36分
合計
7時間0分
S霧降高原駐車場08:1008:31丸山分岐09:18赤薙山09:53奥社跡10:0010:35独標10:4311:40女峰山11:5012:08唐沢避難小屋12:30箱石金剛12:3312:55遥拝石13:05八風13:24白樺金剛13:2813:53稚児ヶ墓14:10殺生禁断境石14:1414:31行者堂14:56神橋15:10東武日光駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐沢小屋の南東にあるトラバースが少々崩れて神経を使った。
独標から女峰までわずかに雪が付いていて、もう少し増えると登りの崖がきついだろう。
※日光市内の歩道が拡張され、消防署が移転していた。開山1250年らしい。

写真

赤薙山
2016年11月05日 09:20撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤薙山
独標から
2016年11月05日 10:38撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から
2
女峰山頂・男体山の奥に富士山も
2016年11月05日 11:44撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女峰山頂・男体山の奥に富士山も
7
奥白根は雪化粧
2016年11月05日 11:44撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥白根は雪化粧
5
遥拝石から赤薙山
2016年11月05日 12:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥拝石から赤薙山
1
市内を見下ろす
2016年11月05日 13:42撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市内を見下ろす
稚児の墓の紅葉
2016年11月05日 13:56撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児の墓の紅葉
3
行者堂に下山
2016年11月05日 14:34撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂に下山
神橋を見て駅へ
2016年11月05日 14:56撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神橋を見て駅へ
1

感想/記録
by yassan

 右足の痛みも引いた感じなので切りのいい今年50回目は少し長い距離を歩こうとお気に入りの女峰山に向かう。この山は20回目になるが赤薙・霧降コースは2003年に1回下り、その後登り9回目。

 コース状況は赤薙山までは迷わない。奥社跡までは右に巻き気味に細かい上下がきつく随所で気を遣う。あとは奥社跡と独標の後の下り2本はありつつも登りなので迷わない。2300mの先の登りは雪が付くと怖い。下りは一本道だが唐沢小屋の先のトラバースがきつい。

 よく晴れて、11月としては珍しく暑いくらいで手袋もハンディウォーマーもいらないくらいの陽気だった。2200mを越えたあたりから空気の薄さを感じてペースダウンしたみたい。
 霧降→山頂は標準6時間コースであり、休憩含めて所要3時間30分は2014年より5分、2013年より3分オーバーですけど下り・駅まで歩行3時間09分も病み上がりとしては良いペースなのでまだまだ歩ける感じ。

18.0km,登り1160m・下り1950mを所要7時間00分−休36分=歩行6時間24分。
難度(EK39÷9=★4.4)→頑張り度6.2(/h)×0.6=☆3.7。
※EK=6.2(/h)☆3.7と低いのは膝の痛み・空気の薄さ・登りの細かい上下と山頂付近のザレの影響でしょう。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザレ 一本 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ