ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999452 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

川苔山(滝と紅葉と)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー kesunonshi
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
鳩ノ巣駅前駐車場に停めました。そこから始発電車(05:54)で奥多摩駅;さらに始発(06:27)のバスで川乗橋まで。下山は奥多摩駅まで;そこから電車で鳩ノ巣駅まで。登山バッジは奥多摩駅バス停に土産物屋さんにあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間0分
合計
7時間20分
S川乗橋バス停06:5007:30細倉橋07:30百尋ノ滝09:50川苔山10:3011:00舟井戸11:30大ダワ12:00コブタカ山(焼多亡山・疣高山・コブッタ)12:20本仁田山12:4014:10奥多摩駅14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
本仁田からの下山道はすこぶる急坂。浮石もありザレていますしスリップに注意が必要です。大休場から標準コースタイムは50分となっていますが、1時間かかりました。コブタカ山の道標はなく矢印標識が立っているのみです。
また、川乗橋から登山口までの林道も長い。単調であまり面白くありません。
コース状況/
危険箇所等
川苔山での道;本仁田山への道は幅狭で片側は切れています。転倒したらただではすまない高度感があります。特に後者は多数の桟道やさらに幅狭の道となっており注意が必要です。また百尋滝から川苔山への登中(石垣の堤が複数見られるところ)は谷沿いの道が広くてロストに注意が必要です。また分岐や破線道が多くあるので事前に地図等を見ていったほうがよいでしょう。奥多摩の山は初めてでしたが急坂が多くてびっくりしました。
その他周辺情報本仁田山からの下山道は極めて急坂です(九十九折りにはなっています;ここを50分で通過?50歳男子には無謀な情報です)。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 膝サポ テーピング
備考 スマホに地図をDLするのを忘れ。

写真

早朝の奥多摩駅;始発のバス(東日原行)は若干空席がありました。川乗橋下車は6〜7人;あとは東日原なのでしょう。雲取山目指(?)の鴨沢行のバスにも多数の方々が乗り込んでいました。東日原行は改札出て右側すぐ;鴨沢行のバスは道路を渡って土産物屋さん前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の奥多摩駅;始発のバス(東日原行)は若干空席がありました。川乗橋下車は6〜7人;あとは東日原なのでしょう。雲取山目指(?)の鴨沢行のバスにも多数の方々が乗り込んでいました。東日原行は改札出て右側すぐ;鴨沢行のバスは道路を渡って土産物屋さん前。
細倉橋への林道沿いの紅葉。紅葉にはまだ早い印象です。おそらく1000m以下はまだでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋への林道沿いの紅葉。紅葉にはまだ早い印象です。おそらく1000m以下はまだでしょう。
2
細倉橋から登山道に入ります;渓谷沿いに道が作られ所々滝を見ることができます。紅葉はほぼ皆無。写真を見直すと夏の写真のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋から登山道に入ります;渓谷沿いに道が作られ所々滝を見ることができます。紅葉はほぼ皆無。写真を見直すと夏の写真のようです。
3
途中、印象的な流れと川沿いの緑がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、印象的な流れと川沿いの緑がありました。
2
んー;紅葉すればもっといいんですが。この時期はこんなもの;秋の深まりを待つということで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んー;紅葉すればもっといいんですが。この時期はこんなもの;秋の深まりを待つということで。
2
これもこのコースのお約束のシーンですが;んー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもこのコースのお約束のシーンですが;んー。
5
百尋の滝;あらゆる雑誌、書籍等に掲載されていますので少し違った構図で。早朝滝を独り占めでした。大きいですね。南関東では比類する滝はあるんでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋の滝;あらゆる雑誌、書籍等に掲載されていますので少し違った構図で。早朝滝を独り占めでした。大きいですね。南関東では比類する滝はあるんでしょうか。
6
手前の小さい流れとともに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の小さい流れとともに。
3
川苔山への最後の尾根登りで多少紅葉が見られました。好天に恵まれ青空に黄色が映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山への最後の尾根登りで多少紅葉が見られました。好天に恵まれ青空に黄色が映えます。
2
川苔山への最後の尾根登りでから曲ヶ谷北峰を振り返って。カラマツの黄葉が印象的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山への最後の尾根登りでから曲ヶ谷北峰を振り返って。カラマツの黄葉が印象的でした。
2
川苔山山頂に到着。川乗橋からたっぷり3時間。全体的な印象として道幅狭、高度感と急坂でした。10:00前に到着しましたが続々と登山客がお出でになられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山山頂に到着。川乗橋からたっぷり3時間。全体的な印象として道幅狭、高度感と急坂でした。10:00前に到着しましたが続々と登山客がお出でになられました。
2
山頂の紅葉は色づきがよかったです。これもお約束のシーン。ほぼ360度展望がききます。絶好の快晴で見晴らしもきき気持ちよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の紅葉は色づきがよかったです。これもお約束のシーン。ほぼ360度展望がききます。絶好の快晴で見晴らしもきき気持ちよかったです。
6
少し寄せで。絞るのを忘れ後ろの富士山のピントがぼけてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し寄せで。絞るのを忘れ後ろの富士山のピントがぼけてしまいました。
3
同じく山頂の紅葉を下から逆光で。太陽光を透通す紅葉も非常にきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく山頂の紅葉を下から逆光で。太陽光を透通す紅葉も非常にきれいでした。
2
同じく山頂の紅葉を普通に。赤黄青のコントラストがなんともいえず美しい限りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく山頂の紅葉を普通に。赤黄青のコントラストがなんともいえず美しい限りです。
3
山頂の違うもみじでは青空を背景に黄色が映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の違うもみじでは青空を背景に黄色が映えます。
1
舟井戸に向かう下山路にも色づきの良いもみじがありました。偏光フィルタでコントラストをあげて。霞んでもいませんし順光なのでもっともよく効くsituでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟井戸に向かう下山路にも色づきの良いもみじがありました。偏光フィルタでコントラストをあげて。霞んでもいませんし順光なのでもっともよく効くsituでした。
2
これも道沿いのもみじを普通に。山麓はまだですが山頂付近はこのような印象的なもみじを拝見できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも道沿いのもみじを普通に。山麓はまだですが山頂付近はこのような印象的なもみじを拝見できます。
1
これも道沿いのもみじ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも道沿いのもみじ。
1
これも道沿いのもみじ。見た感じで標準的に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも道沿いのもみじ。見た感じで標準的に。
2
これも道沿いのもみじ。特に背景を少し暗く、赤い部分を強調して。こういうのを撮りまくっていますと足が進みません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも道沿いのもみじ。特に背景を少し暗く、赤い部分を強調して。こういうのを撮りまくっていますと足が進みません。
2
大ダワの道標です。本仁田に行くか鳩ノ巣駅に向かうか。時間的に余裕があったので本仁田に行くことにします。大ダワまでの道が道幅狭で桟道多数でアップダウン厳しいです。舟井戸から本仁田まであまり人に逢いません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワの道標です。本仁田に行くか鳩ノ巣駅に向かうか。時間的に余裕があったので本仁田に行くことにします。大ダワまでの道が道幅狭で桟道多数でアップダウン厳しいです。舟井戸から本仁田まであまり人に逢いません。
大ダワからの本仁田の登り返しは急でしたがゆっくり登ります。距離が短いので助かります。山頂はやや狭いですが多くの方たちがおられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワからの本仁田の登り返しは急でしたがゆっくり登ります。距離が短いので助かります。山頂はやや狭いですが多くの方たちがおられました。
1
本仁田山頂からも富士山を望むことができます。丁度その範囲だけ樹林が伐採されて展望が得られます。ガイドブックでは展望なしということでしたのでラッキーでした。平成23年度の自然林等を保護するための間伐ということでした(所々その事が掲載された看板が多数あります)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山頂からも富士山を望むことができます。丁度その範囲だけ樹林が伐採されて展望が得られます。ガイドブックでは展望なしということでしたのでラッキーでした。平成23年度の自然林等を保護するための間伐ということでした(所々その事が掲載された看板が多数あります)。
3
本仁田山からの下山途中に少し混色した黄葉がありました。ハイキーに飛ばして軽い感じで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山からの下山途中に少し混色した黄葉がありました。ハイキーに飛ばして軽い感じで。
3
奥多摩駅に下山し駅前の食堂でラーメンを食します。電車で鳩ノ巣に向かいます。鳩ノ巣駅舎です。無人駅ですが外観は味があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅に下山し駅前の食堂でラーメンを食します。電車で鳩ノ巣に向かいます。鳩ノ巣駅舎です。無人駅ですが外観は味があります。

感想/記録

今まで奥多摩は空白でした。この山域で初めて登った山が川苔山になります。沢沿いの紅葉を目当てに11月末あたり出かけたいと思います。
訪問者数:326人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉 道標 カラマツ 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ