ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999555 全員に公開 ハイキング北陸

奥三方山は遠かった・・・ 秘境の鏡池まで

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー ookadosun
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥池集落跡と奥三方登山口・・・
セイモアスキー場手前のチェーン付きの林道を進む。やがて口三方岳の登山口を左手に見ながら進むとY字路に差し掛かる。両方ともにチェーンが掛けてある。
Y字路を左に入ってしばらくすると奥池集落跡の広い駐車スペースに辿り着く。
その先もしばらく道は続くがクルマはここまで、その先は徒歩にて2時間ほどで奥三方山登山口に辿り着く。

☆ちなみにチェーンは来月からは鍵を掛けるとのこと・・・なんでも無断でワサビを根こそぎ持ってく輩が居て地主が困ってるかららしい。
奥池集落跡近くの管理小屋に来てた奥池の住民に聞きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

6:50奥池集落跡
9:00奥三方山登山口
11:35鏡池11:50
13:50奥三方山登山口14:05
15:20奥池集落跡
コース状況/
危険箇所等
登山口までの林道は一段と崩壊が進んでました。でもかすかだけど踏み痕はあります。うっかり道を踏み外さないように気を付けましょう。

登山口からは登山道が続く。所々に赤テープの目印をたどって進むが時折道を見失うことがありました。特に登りはまだ良いが、下りではかなり見失う確率が高かった。僕は3,4回見失いました。遭難するかと思った。
何度か堀切道を横切るが、うかつに下へ下ろうと思うとダメで、降下ポイントまでトラバースを維持することが大事。
それに比べてオージャラから鏡池までの尾根は比較的歩きやすかった。

装備

個人装備 下草刈り用の鎌 クマ除けセット(鈴3個・ポケットラジオ・発煙筒・蚊取り線香・呼笛) 標板2枚・マジックペン・ニス・タイラップ 飲料水2L ソイジョイ4本 カロリーメイト1個 おにぎり1個 お菓子多数 ウイダーインゼリー2個 雨具 カイロ2枚 赤テープ 水筒(ソフトタイプ) 手袋2セット 帽子 スマホ 地図 コンパス トレッキングポール

写真

ちょっと遅れたけど一番乗り!・・・と言うか結局誰とも会いませんでした。
2016年11月05日 06:49撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと遅れたけど一番乗り!・・・と言うか結局誰とも会いませんでした。
2
道を塞いでる倒木を木登りしてクリア。
2016年11月05日 07:14撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を塞いでる倒木を木登りしてクリア。
2
長靴が捨ててあった。「こんなもんじゃ登れん!」と言って脱ぎ捨てたのかな?
2016年11月05日 07:28撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長靴が捨ててあった。「こんなもんじゃ登れん!」と言って脱ぎ捨てたのかな?
1
昨年できた崩壊地。
2016年11月05日 07:28撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年できた崩壊地。
1
奥三方山には雪を纏っていた。
2016年11月05日 07:30撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥三方山には雪を纏っていた。
1
2個目の崩壊地。地面が脆くて昨年渡った時より恐怖感があった。
2016年11月05日 08:10撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2個目の崩壊地。地面が脆くて昨年渡った時より恐怖感があった。
2
3個目の崩壊地。この辺りに来るともう何が何だか分からなくなります。
2016年11月05日 08:20撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3個目の崩壊地。この辺りに来るともう何が何だか分からなくなります。
3
下草もボーボー。でも一応踏み痕はあります。
2016年11月05日 08:29撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下草もボーボー。でも一応踏み痕はあります。
1
堰堤の崩壊地。ちゃんと裏に巻き道があります。
2016年11月05日 08:33撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の崩壊地。ちゃんと裏に巻き道があります。
1
去年起こしたけどまた雪の重みで倒れてた。
2016年11月05日 08:37撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年起こしたけどまた雪の重みで倒れてた。
2
看板も離れた所にありました。しかも一部欠けてます。
2016年11月05日 08:37撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板も離れた所にありました。しかも一部欠けてます。
1
登り始めてちょうど2時間が経ったころ・・・
2016年11月05日 08:57撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてちょうど2時間が経ったころ・・・
1
奥三方山登山口に到着。
2016年11月05日 08:58撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥三方山登山口に到着。
2
登山口にある湧き水を頂きました。冷たくて美味でした!汲んでコーヒー用に持って帰りました。
2016年11月05日 09:01撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある湧き水を頂きました。冷たくて美味でした!汲んでコーヒー用に持って帰りました。
3
これより登山道。
2016年11月05日 09:04撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これより登山道。
2
ナメコ!?・・・と思ったけど違う。ニガクリタケ??
2016年11月05日 09:10撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメコ!?・・・と思ったけど違う。ニガクリタケ??
2
お〜!コレか!
2016年11月05日 09:11撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜!コレか!
2
ブナの大木には色々彫られてました。これもまた目印になるわけだが〈S40〉と言うことは昭和40年に彫ったもの??当時は登山者で賑わってたのでしょう。
2016年11月05日 09:15撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木には色々彫られてました。これもまた目印になるわけだが〈S40〉と言うことは昭和40年に彫ったもの??当時は登山者で賑わってたのでしょう。
3
広大なブナの森の中を進みます。
2016年11月05日 09:16撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大なブナの森の中を進みます。
2
今シーズン初の雪。
2016年11月05日 10:40撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今シーズン初の雪。
2
オージャラ付近
2016年11月05日 10:41撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オージャラ付近
2
これよりしばらく細尾根になります。
2016年11月05日 10:45撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これよりしばらく細尾根になります。
2
真横には高三郎山
2016年11月05日 10:50撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真横には高三郎山
7
雪を纏ってるのは見越山
2016年11月05日 10:50撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪を纏ってるのは見越山
1
金沢の市街地も見えました。遥か遠い・・・・
2016年11月05日 10:50撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金沢の市街地も見えました。遥か遠い・・・・
1
そして眼下には犀川源流の二又川。棟梁さんの犀滝レコを思い起こしました。
2016年11月05日 10:50撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして眼下には犀川源流の二又川。棟梁さんの犀滝レコを思い起こしました。
5
人工物があると、ちょっとホッとします。
2016年11月05日 10:52撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工物があると、ちょっとホッとします。
2
大笠山が見えてきました!
2016年11月05日 11:21撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山が見えてきました!
2
藪がまた深くなってきた。
2016年11月05日 11:24撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪がまた深くなってきた。
1
1450mピークに到達!藪の向こうに見える雪山は奈良岳か。
2016年11月05日 11:29撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1450mピークに到達!藪の向こうに見える雪山は奈良岳か。
1
高三郎山とほぼ同じ標高。
2016年11月05日 11:30撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高三郎山とほぼ同じ標高。
2
奥三方山も目の前まで来ました。
2016年11月05日 11:29撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥三方山も目の前まで来ました。
2
ピークを越えたあと堀切道が横切る。
2016年11月05日 11:34撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを越えたあと堀切道が横切る。
1
登山ルートに沿って通過しようとしたら、池が見えた。鏡池だ!
2016年11月05日 11:35撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ルートに沿って通過しようとしたら、池が見えた。鏡池だ!
2
鏡池は雪で凍ってました。
2016年11月05日 11:36撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池は雪で凍ってました。
5
静かな佇まい。正に秘境の池でした。
2016年11月05日 11:37撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな佇まい。正に秘境の池でした。
3
缶コーヒーで一服しました。時間切れで今回は無理せずここまでにしよう。
2016年11月05日 11:48撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
缶コーヒーで一服しました。時間切れで今回は無理せずここまでにしよう。
2
持ってきた板に「鏡池」と書きました。ホントは奈良岳・奥三方山分岐に掲げようと思ってましたが・・・
2016年11月05日 11:38撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持ってきた板に「鏡池」と書きました。ホントは奈良岳・奥三方山分岐に掲げようと思ってましたが・・・
6
なるべく長持ちするようにスプレー式のニスを塗って、若い木に掛けました。
2016年11月05日 11:47撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるべく長持ちするようにスプレー式のニスを塗って、若い木に掛けました。
7
名残惜しいけど余力を持って下山します。
2016年11月05日 11:58撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど余力を持って下山します。
1
大笠山と奥三方山。
2016年11月05日 11:58撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山と奥三方山。
4
大日山と富士写ヶ岳一帯が見えました。
2016年11月05日 12:01撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山と富士写ヶ岳一帯が見えました。
2
自分も含め、他の登山者のためにも、持ってきた赤テープを所々付けときました。
2016年11月05日 12:09撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分も含め、他の登山者のためにも、持ってきた赤テープを所々付けときました。
2
あの頂はオオジャラ。
2016年11月05日 12:18撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの頂はオオジャラ。
2
いつか登ってみたい高三郎山
2016年11月05日 12:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか登ってみたい高三郎山
5
人を寄せ付けない犀川の源流をこの目で見れて良かった。
2016年11月05日 12:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人を寄せ付けない犀川の源流をこの目で見れて良かった。
3
高三郎山アップ
2016年11月05日 12:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高三郎山アップ
3
何度も登山道を外しました。その度に赤テープを見付けるとホッとしました。
2016年11月05日 12:35撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も登山道を外しました。その度に赤テープを見付けるとホッとしました。
2
何度もコケてたら、ザックのショルダーのベルトが千切れてしまった。応急で修復したけど担ぎ心地がダウン。
2016年11月05日 12:37撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度もコケてたら、ザックのショルダーのベルトが千切れてしまった。応急で修復したけど担ぎ心地がダウン。
1
持ってきた鎌も2回落としました。その都度回収するのに道を戻ったりしました。
2016年11月05日 12:40撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持ってきた鎌も2回落としました。その都度回収するのに道を戻ったりしました。
2
奥三方山と大原山。なるほど・・・ダマシ三方と呼ばれるだけあって山容が似てます。
2016年11月05日 12:51撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥三方山と大原山。なるほど・・・ダマシ三方と呼ばれるだけあって山容が似てます。
2
うっかりするとすぐ道を外してしまいます。
2016年11月05日 13:09撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっかりするとすぐ道を外してしまいます。
1
またもや迷ってしまった。
2016年11月05日 13:10撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや迷ってしまった。
2
右往左往しながらも、なんとか登山口まで帰って来れました!
2016年11月05日 13:52撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右往左往しながらも、なんとか登山口まで帰って来れました!
2
山頂に掲げようと思って持って来たんだけど・・・
2016年11月05日 13:53撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に掲げようと思って持って来たんだけど・・・
2
裏面に書き直して・・・
2016年11月05日 13:56撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏面に書き直して・・・
4
登山口に掲げました。少しでもこういうの無いとあまりにも寂しすぎると思って・・・
2016年11月05日 14:01撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に掲げました。少しでもこういうの無いとあまりにも寂しすぎると思って・・・
6
あとは荒廃した林道を歩くだけ!これでもかなり気が楽。
2016年11月05日 14:06撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは荒廃した林道を歩くだけ!これでもかなり気が楽。
1
看板もあるべき場所に戻しときましたけど、もうダメだね。
2016年11月05日 14:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板もあるべき場所に戻しときましたけど、もうダメだね。
2
堰堤崩壊地
2016年11月05日 14:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤崩壊地
1
一番の難所。腰が引けてしまいました。
2016年11月05日 14:35撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番の難所。腰が引けてしまいました。
4
沢を横切る。カモシカのアレは無くなってました。
2016年11月05日 14:50撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を横切る。カモシカのアレは無くなってました。
2
足の踏み外しに注意!
2016年11月05日 14:52撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の踏み外しに注意!
2
最初の崩壊地まで来ました。
2016年11月05日 14:56撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の崩壊地まで来ました。
1
崩壊した落石の中に化石らしきもの発見!太古のブナ?
2016年11月05日 14:56撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊した落石の中に化石らしきもの発見!太古のブナ?
1
滝谷橋。もうちょっとです。
2016年11月05日 15:14撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷橋。もうちょっとです。
3
自然の楽園
2016年11月05日 15:17撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の楽園
1
なんとか戻って来れました!一番ホッとした瞬間でした!
2016年11月05日 15:21撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか戻って来れました!一番ホッとした瞬間でした!
4
あれ?蚊取り線香のケースの一部を何処かに落としてしまった。
2016年11月05日 15:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?蚊取り線香のケースの一部を何処かに落としてしまった。
3
とにかく心身ともに疲れ果てました。
2016年11月05日 15:22撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく心身ともに疲れ果てました。
1
万が一のことを考えてクルマにある発煙筒を持ってました。使うことなくて良かった。
2016年11月05日 15:26撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万が一のことを考えてクルマにある発煙筒を持ってました。使うことなくて良かった。
2
撮影機材:

感想/記録

心身ともに疲れた山行になりました。

草刈り用の鎌とクマ除けセット(蚊取り線香、クマ鈴3個、ポケットラジオ、発煙筒)を持ってスタート!食料は軽量コンパクトで栄養豊富なソイジョイとかカロリーメイト系の食料、ウィダーインゼリー、お菓子もたくさん持ってきた。飲料水はトータル2リットル。

一体、年間どれくらいの人が訪れるのか分からないが、人通りが少ない道は草ボーボー。
最初は威勢良く草刈りしながら進むが、その内めんどくさくなって笹藪のなかをかき分けて進むようになる。ススキの穂が顔にまとわりついて、いじるかしかった(ウザいを表す方言)。
登山道に入ると広大なブナ林になるけど、足下は笹藪と落ち葉が敷き詰められた道は見失いやすい。もともと付いてる赤テープにさらに追加して赤テープを付けながら進む。なかなか山頂に近付かないが、時間だけは淡々と過ぎて行く。
日が暗くなるのが早いから、12時を目処に引き上げようと決め、登り続けた。

結局、奥三方山には時間切れで登り詰めることは出来なかった。

それでも、なんとか鏡池まで辿り着くことが出来ました。
ここまでにしよう・・・仮に時間があったとしても、体力的にもその先の奥三方山まで登るのは困難だと感じた。
やっぱり一人だとメンタル的にも厳しくなります。他にも登山者が居れば安心感があって登ってたかもしれません。

とは言え、自分の力で鏡池まで辿り着いたことは最高でした!
さらに目の高さに見える高三郎山、尾根から見えた犀川源流で幻の滝「犀滝」近くの二又川を見れたのは、僕にとって大きな収穫でした。

下山のオージャラから登山口の間は、何度も登山道を外したり、数えきれないほど転んだりしました。
登山道を外した時はホントにこのまま遭難するんじゃないかと思うほどでした。
ブナに付いたモミジが赤テープと見間違えて進んでしまったこともあった。
道を外した時の歩きにくさと、登山道の歩きやすさの差は大きかったので、道を外すとすぐわかるようになる。
登山道に付けられてる赤テープやピンクテープがこれほどまで有難いと思ったことはありませんでした。
また、何度も転んだせいもあって、長年使い続けてきたザックのショルダー部分が千切れたり、装備品の一部を落としてしまったり、身体の疲労感も限界ギリギリでした。

奥三方山には届かなかったけど、こうして無事に帰って来れたことが一番嬉しく感じました。


〈登山を終えて・・・〉

奥池集落跡から引き上げると、すぐ近くにある管理小屋に人がいた。(新)奥池の住民の方でした。
通り過ぎようとすると、呼び止められ、佐々木いさお似の方に忠告気味に「もう少ししたらゲートに鍵掛けるからな!」と言われた。
何かと尋ねたら、ワサビを無断で根こそぎ採ってく者がおって、地主が困ってるかららしい。
僕が奥三方の山登りをしてただけと伝えると、表情が一転して「ほ〜か!すごいな〜!良かったやろ!!」とこれまでの強面の顔が、急に笑顔になって山話につい盛り上がってしまいました。
奥三方の山の歩き方やナメコのなる場所などいろいろ教えてくれてタメになりました。
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/18
投稿数: 647
2016/11/6 9:38
 最高の天気でしたね
ookadosunさん、おはようございます。
行って来られましたか!
山頂標識持参とは恐れ入りました
鏡池までだったのは残念でしたが、この時間スタートなら納得。
もう1時間早ければ楽勝だったでしょうね(^_-)

前日に行くと知って、一緒に行きたい気持ちが沸き起こったのですが、
家族と約束してたホワイトロードへ行っていました。
ホワイトロードも積雪があったようで、道脇に除雪された雪がありました。
登録日: 2013/9/23
投稿数: 123
2016/11/6 10:11
 Re: 最高の天気でしたね
windnaoさん、おはようございます。
家族サービスも大事ですよね!
ウチも山ばっかり行ってたら嫁が嫌な顔しますから・・・(^^ゞ
でも家族サービスで行くとしたら海より山なんですよね〜。

もう全身筋肉痛で今日はダウンですわ 〜
レコで標板が無くなってることを知って、自分の出来ることが登山道の保全に繋がると思い標板を2枚だけ掲げてきました。

ホントは山頂に掲げるつもりだったけど、やっぱり奥三方に関しては単独での山行は恐怖をも感じました。
naoさんみたいに山頂で料理する余裕が、僕にはスゴイなと思いました。
もしnaoさんが居てくれたら間違いなく楽勝やったと思います!

奥三方山は来年に持ち越しです。
登録日: 2013/10/19
投稿数: 227
2016/11/7 11:26
 お疲れ様でした。
ookadosunさんこんにちは。
レコを見て数年前の記憶が蘇りました。
一段と林道の崩壊と登山道の荒れが進んでいるようですね。
林道の崩壊写真(78枚目)を見るだけでもゾッとします。
高所恐怖症なもので。
私も登山道では登りで3度、下りで2度ほど道を見失いました。
結構これが精神的にも肉体的にも疲れるんですよね。
荒れた林道でも着地したときはホッとしました。
お疲れ様でした。
登録日: 2013/9/23
投稿数: 123
2016/11/7 12:59
 Re: お疲れ様でした。
okiaさん、こんにちは!
あそこの崩壊地は足の踏み場に踏み入れると、脆くなった土砂が直海谷にパラパラ〜…と落ちていくのを見て、寒気がしました。
一応ロープとワイヤーはまだ健在なので渡れましたが、スッカリ腰が引けてしまいました。

山行前に数少ないヤマレコなどの情報を熟読しましたが、やはり道迷いは避けれませんでした。
トラバース区間で溝状の谷を何度か越える所が、道を外しやすかったです。
とにかく迷っても焦って下に下りたらアカンと思って横歩きを続けました。

いやホントに大変な山行でした。登山口近くのもじりの滝とか見る暇と余裕が無かったです。
山頂に立てなかった未練はありますけど、しばらくは医王山とかで、のんびり歩きたいと思います。

ありがとうございました。
登録日: 2014/10/11
投稿数: 2546
2016/11/7 18:34
 ほ〜か!
これでどんな顔してたか想像できますよ(^.^)

しばらくこの界隈を見ていなかったので
okiaさんではありませんが、私も懐かしく拝見させて頂きました。

それにしても崩壊箇所やら林道状況を見るとかなり荒廃が進んでますね。
自分の記憶と全然違った景色に、只々ビックリしています。
登山口から戻りのカブト谷(上記地図1000と表記されてる所かな)の前後で崩落個所があったと思いますが、今は林道自体がもはや危うい状態なんですね。
そう思うと登山道を整備されてる方々にはホントに感謝ですm(__)m


さて話は変わりますが、
なにやら途中で私が出て来てましたね
覚えていてくれたんですか! ありがとうございます(^^ゞ
自分のレコではルートは消してありますが、犀滝の帰りはトウバラ谷(上記地図”倉谷町”の右下)を稜線まで詰め上り、オオジャラ手前の1250辺りをトラバースして登山道に辿り着きました。

そこから登山口までってのは それは見事なブナの森ですよね。
自分の知る限り、ここが一番素敵かもしれません(^.^)

今後も気をつけて、また記録を残していって下さいね。
ありがとうございました(^.^)
登録日: 2013/9/23
投稿数: 123
2016/11/8 0:35
 Re: ほ〜か!
touryouさんこんばんは!

そう!おっちゃんの嬉しそうに喋るのが思い浮かぶでしょ!

それにしてもホントに今回の山登りは大変な思いをしました。
荒廃した林道を越えて、登山口へ行くのでさえ大変だった上、登山道でも何度も道に迷ったり、転んだり、ずり落ちたり、這い上がったり、挙句の果てには山頂に辿り着けなかったりと、間違いなく今まで経験した中で最も過酷な山登りでした。
カブト谷と呼ばれる辺りは、もう廃道というか無道と言っても良いくらい荒れて、笹やススキがボーボーで足元も良く見えない所を歩いてました。
場所によっては足元をよく見るとすぐ横が谷底だった所も・・・

あ〜・・・せめて登山口まで、もうちょっと楽に行けたら良いのにな〜^^;
欲を言えば直海谷川の対岸に新しい道でも出来れば良いのに・・・と思いました。

犀滝のレコは未だに何度も読み返してますよ!あのレコは忘れられません。

それまで素人の僕が考えれば、犀滝は犀川ダムからひたすら沢沿いを辿れば犀滝に着くのかと思ってましたが、直海谷のワキ谷から入って、中三方を越えて二又川へと・・・という時点でゾ〜っとしました。
そして、あのスラブ状の坂を登ってる所がトウバラ谷と言うところですか・・・
藪の中をトラバースしてる所の写真もありましたね。

今回ちょっとだけ二又川を見ただけですが、犀滝らしき滝音も聞こえて、正に犀滝レコを元に、オージャラの尾根から犀滝をバーチャルに感じてました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ