ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999867 全員に公開 ハイキング富士・御坂

雨ヶ岳〜竜ヶ岳(根原→本栖湖)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー rau-coast
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行き>
バス:富士宮駅 → 根原 (富士急静岡バス)
<帰り>
バス:本栖湖 → 河口湖駅 (富士急山梨バス)

※PASMO、SUICA可 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
24分
合計
4時間36分
Sスタート地点09:3110:18端足峠11:19雨ヶ岳11:3112:08端足峠12:1012:44竜ヶ岳12:5213:17石仏、見晴らし台13:1913:50本栖湖キャンプ場14:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
端足峠から雨ヶ岳の道は急登で滑りやすいところもあります。
滑った靴跡もあったのでやはり滑りやすいのだと思います。

竜ヶ岳の山道は特に気になるところはなく、万人が問題なく歩くことが
できると思います。

写真

根原バス停から進行方向に進み左折。
2016年11月05日 08:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根原バス停から進行方向に進み左折。
A沢貯水池の分岐。右が登山道。左の道は作業道みたいですね。
2016年11月05日 08:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢貯水池の分岐。右が登山道。左の道は作業道みたいですね。
その作業道の方を少し歩いてみました。朝食や準備をしてから戻ってスタートにしました。
2016年11月05日 08:50撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その作業道の方を少し歩いてみました。朝食や準備をしてから戻ってスタートにしました。
県境から道と合流するまでは緩やかな道です。写真は細い沢を渡るところ。
2016年11月05日 09:54撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境から道と合流するまでは緩やかな道です。写真は細い沢を渡るところ。
県境と合流
2016年11月05日 09:58撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境と合流
斜面はだんだんと急へ。ジグザグの道が続きます。
2016年11月05日 10:08撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面はだんだんと急へ。ジグザグの道が続きます。
端足峠。雨ヶ岳へピストンしてきます。
2016年11月05日 10:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端足峠。雨ヶ岳へピストンしてきます。
1
尾根道は紅葉が目立ってました。
2016年11月05日 10:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は紅葉が目立ってました。
1
山頂まで急登の連続。大きな段差ではスリップした靴跡もあったので注意した方が良さそうです。
2016年11月05日 10:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで急登の連続。大きな段差ではスリップした靴跡もあったので注意した方が良さそうです。
毛無山方面から流れてきた雲が富士山を隠しそう・・・
2016年11月05日 11:05撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山方面から流れてきた雲が富士山を隠しそう・・・
3
雨ヶ岳登頂。富士山・・・
2016年11月05日 11:26撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳登頂。富士山・・・
しかし雲の流れは速く、数分待てばこのとおり。
2016年11月05日 11:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし雲の流れは速く、数分待てばこのとおり。
2
戻りはスリップに注意しつつ、展望を楽しみます。
2016年11月05日 11:39撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りはスリップに注意しつつ、展望を楽しみます。
端足峠を過ぎ、次は竜ヶ岳へ。
2016年11月05日 12:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端足峠を過ぎ、次は竜ヶ岳へ。
開けた道で一気に山頂へ。笹の背がもう少し低ければ文句なしに大展望でしょうね。
2016年11月05日 12:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた道で一気に山頂へ。笹の背がもう少し低ければ文句なしに大展望でしょうね。
竜ヶ岳登頂。ラーメンの予定でしたが強風であきらめました。
2016年11月05日 12:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳登頂。ラーメンの予定でしたが強風であきらめました。
1
下りは大展望。富士五湖周辺の山も良く見えます。
2016年11月05日 12:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは大展望。富士五湖周辺の山も良く見えます。
下りで歩けば常に富士山を見ることができますね。
2016年11月05日 13:05撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで歩けば常に富士山を見ることができますね。
富士山ばかりの写真になってしまいました・・・
2016年11月05日 13:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ばかりの写真になってしまいました・・・
2
薄暗い道
2016年11月05日 13:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い道
登山口。車道に出たら本栖湖を目指します。
2016年11月05日 13:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。車道に出たら本栖湖を目指します。
ウィンドサーフィンを楽しむ人
2016年11月05日 13:53撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィンドサーフィンを楽しむ人
バス停まで本栖湖の眺めを楽しみながら歩きました。
2016年11月05日 13:57撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停まで本栖湖の眺めを楽しみながら歩きました。

感想/記録

久し振りに富士山を間近に見たくなって雨ヶ岳、竜ヶ岳を選択しました。概ね快晴でしたが毛無山、雨ヶ岳付近は雲が多く富士山や太陽をときどき遮っていました。でも強風で雲が流れるのも速く、すぐにどちらも顔を出してくれました。

竜ヶ岳山頂は広くて休憩には最適ですが、展望を楽しもうとすると、あちこち移動しなくてならないので結構面倒だったりしますね。雨ヶ岳のこぢんまりとした山頂の方が好きかもしれません。富士山方面だけ展望が優れているのが潔いなと。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 紅葉 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ