ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999916 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉から時計回り周回)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー unagi_inu
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉に駐車。朝6時過ぎに到着しましたが、すでに満車。下山時は駐車場下の林道にも駐車しているほどでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間9分
合計
6時間7分
S唐沢鉱泉06:4407:44渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:24黒百合ヒュッテ08:2508:30中山峠09:28天狗の鼻09:3109:33東天狗岳09:4009:54天狗岳10:4311:19第二展望台11:2511:38第一展望台12:10唐沢鉱泉分岐12:1312:48唐沢鉱泉12:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
数日前に降雪があったようで、登山道には一部うっすらと雪が残っている箇所がありましたが、歩行に支障はありませんでした。中山峠から東天狗岳に向かう途中の日陰は凍結しているところも多く、慎重に進みました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。一部、凍結箇所がありますが、慎重にすすめば問題ありません。
その他周辺情報登山後、唐沢鉱泉で日帰り入浴(700円)。洗い場が3席と大きくないのですが、浴槽は2つ(ひとつは少しぬるめ)、打たせ湯もあり(冷たくて自分には無理)、いいお湯でした。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル ライター ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール

写真

唐沢鉱泉から出発します。黒百合ヒュッテを目指すので鉱泉の前を横切り、奥手の登山口へ向かいます。
2016年11月05日 06:41撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉から出発します。黒百合ヒュッテを目指すので鉱泉の前を横切り、奥手の登山口へ向かいます。
北八ヶ岳らしい苔むした森が続きます。
2016年11月05日 06:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳らしい苔むした森が続きます。
渋の湯との分岐まで到着。
2016年11月05日 07:43撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋の湯との分岐まで到着。
日の当たらない場所には積雪の跡が。歩行に支障はありませんが、滑りそうなので慎重に進みます。
2016年11月05日 08:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の当たらない場所には積雪の跡が。歩行に支障はありませんが、滑りそうなので慎重に進みます。
黒百合ヒュッテまで登りました。
2016年11月05日 08:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテまで登りました。
木道にも雪が残っており、滑らないようビビりながら進みます。
2016年11月05日 08:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道にも雪が残っており、滑らないようビビりながら進みます。
中山峠に到着!このあたりから視界が開けてきます。その一方、時折風が強く吹き、体が持っていかれそうになります(大げさ?)。
2016年11月05日 08:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠に到着!このあたりから視界が開けてきます。その一方、時折風が強く吹き、体が持っていかれそうになります(大げさ?)。
東天狗岳まであと少し。岩稜地帯が続きます。
2016年11月05日 08:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳まであと少し。岩稜地帯が続きます。
とんがりvsこんもり。対照的な東西天狗岳。
2016年11月05日 08:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とんがりvsこんもり。対照的な東西天狗岳。
稲子岳南稜。直立してます。
2016年11月05日 08:41撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳南稜。直立してます。
中山峠から10分ほど歩くと、北アルプスが見えてきました。
2016年11月05日 08:42撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠から10分ほど歩くと、北アルプスが見えてきました。
槍、穂高は冠雪しています。
2016年11月05日 08:42撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍、穂高は冠雪しています。
2
さらにアップ!
2016年11月05日 08:43撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにアップ!
2
奥手に北アルプスが一直線に伸びています。
2016年11月05日 09:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥手に北アルプスが一直線に伸びています。
中心が焼山、右手が火打山ですかね。こちらも冠雪してます。
2016年11月05日 09:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中心が焼山、右手が火打山ですかね。こちらも冠雪してます。
1
麓は紅葉が進んでいるようです。
2016年11月05日 09:19撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓は紅葉が進んでいるようです。
最後の岩場。
2016年11月05日 09:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の岩場。
西天狗がキレイに見えます。
2016年11月05日 09:33撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗がキレイに見えます。
1
東天狗岳登頂!素晴らしい青空。
2016年11月05日 09:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳登頂!素晴らしい青空。
2
南八ヶ岳の峰々が広がります。
2016年11月05日 09:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の峰々が広がります。
2
阿弥陀岳の右手には南アルプス、冠雪した北岳、仙丈ヶ岳がばっちり見えてます。
2016年11月05日 09:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の右手には南アルプス、冠雪した北岳、仙丈ヶ岳がばっちり見えてます。
1
アップで。真ん中が甲斐駒ヶ岳ですかね。
2016年11月05日 09:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。真ん中が甲斐駒ヶ岳ですかね。
2
硫黄岳は天狗岳に比べるとやや雪が多いように見えます。
2016年11月05日 09:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳は天狗岳に比べるとやや雪が多いように見えます。
1
東天狗岳から西天狗岳に向かう途中で、東天狗岳を振り返ります。
2016年11月05日 09:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳から西天狗岳に向かう途中で、東天狗岳を振り返ります。
西天狗岳登頂!
2016年11月05日 09:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳登頂!
2
南アルプス。キレイです。
2016年11月05日 09:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。キレイです。
左手に御嶽山、中央に乗鞍岳、右手に穂高連峰。
2016年11月05日 09:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に御嶽山、中央に乗鞍岳、右手に穂高連峰。
1
もう一回槍穂高をアップ。こちらもキレイ。
2016年11月05日 09:56撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一回槍穂高をアップ。こちらもキレイ。
1
奥秩父方面もよく見えます。
2016年11月05日 10:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面もよく見えます。
とんがっているのは金峰山の五丈岩ですね。
2016年11月05日 10:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とんがっているのは金峰山の五丈岩ですね。
1
見飽きない。。
2016年11月05日 10:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見飽きない。。
昼食休憩も含み小一時間ほど西天狗岳山頂におり、名残惜しいですがそろそろ下ります。天気が良いからでしょうか、登山者が頂上直下の岩稜急登をぞくぞくと登って来られます。
2016年11月05日 10:48撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食休憩も含み小一時間ほど西天狗岳山頂におり、名残惜しいですがそろそろ下ります。天気が良いからでしょうか、登山者が頂上直下の岩稜急登をぞくぞくと登って来られます。
1
第1展望台まで下りました。
2016年11月05日 11:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1展望台まで下りました。
1
昼も近くなり、奥手の中央アルプス、手前の南アルプスの麓は霞んできました。
2016年11月05日 11:48撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼も近くなり、奥手の中央アルプス、手前の南アルプスの麓は霞んできました。
枯尾の峰分岐を右に折れ、どんどん下ります。苔むし地帯に入ります。
2016年11月05日 12:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯尾の峰分岐を右に折れ、どんどん下ります。苔むし地帯に入ります。
陰っているのも良いですが、日が差しても良い感じです。
2016年11月05日 12:36撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陰っているのも良いですが、日が差しても良い感じです。
松の幼木ですかね。ちょうど日が差していました。
2016年11月05日 12:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の幼木ですかね。ちょうど日が差していました。
1
唐沢鉱泉に戻りました。
2016年11月05日 12:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に戻りました。
1
唐沢鉱泉で入浴させてもらいました。
2016年11月05日 13:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉で入浴させてもらいました。
1
【おまけ】帰路、唐松鉱泉から三井の森に向かうダート道で撮影。麓は唐松(赤松?)が色づいていました。
2016年11月05日 13:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【おまけ】帰路、唐松鉱泉から三井の森に向かうダート道で撮影。麓は唐松(赤松?)が色づいていました。
1
【おまけ】落葉も進んでいますが、もう少し楽しめそうです。三井の森あたりの紅葉が素晴らしかったです。
2016年11月05日 13:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【おまけ】落葉も進んでいますが、もう少し楽しめそうです。三井の森あたりの紅葉が素晴らしかったです。
1

感想/記録

快晴予想ということで、見晴らしの良さそうな天狗岳に登って参りました。午前中、ガスもほとんどなく、全方向クリアな視界でパノラマを楽しむことができました。風が強く、稜線に出てからは防寒対策が必要です。当日は初冬にもかかわらず、登山者で賑わっており、西尾根からの下山ではすれ違いに少し時間がかかるほどでした。
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ