ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999970 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

龍が岳(宮城最南西端の里山)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー yamanamie, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩待峠まで車を利用。現在、七ケ宿から稲子地区へ向かう路は、冬季閉鎖となっており稲子地区へは生活道路になっているので行けると思いますが鳩待峠へは閉鎖です。福島の飯坂からも当然鳩待峠へは通り抜け出来ません(春にも飯坂方面から摺上川ダム上流付近で通行止めであえなく敗退)
山形高畠町から鳩待峠への車道は全て舗装されていますが鳩待峠近くの路は狭く、片方は岩壁、片方は谷状態なので運転は慎重に。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
59分
休憩
14分
合計
1時間13分
Sスタート地点11:3012:06龍が岳12:2012:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
30分前後で山頂に行けますが、藪漕箇所も何ヶ所かあります。
刈り払いはされていませんが踏み跡を辿り、稜線づたいに進むと良いです。展望は360°見渡せます。
その他周辺情報鳩待峠への路で、福島県側からの路は時々、閉鎖されますので事前確認をして下さい。宮城県側の七が宿街道は蕎麦街道でもあります是非寄って下さい。

写真

鳩待峠の福島県側は立派なガードと「この先通り抜けできません 福島県境通行止め」
※冬期間に入るので今年はダメでしょうね。
2016年11月05日 11:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠の福島県側は立派なガードと「この先通り抜けできません 福島県境通行止め」
※冬期間に入るので今年はダメでしょうね。
2
駐車場より小高い丘に登り、龍が岳方面を望みますがここからは山頂は見えません。
2016年11月05日 11:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場より小高い丘に登り、龍が岳方面を望みますがここからは山頂は見えません。
県境には、ひろすけの碑も見えます。
「むくどりの/夢のかあさん/白い鳥/さめて見る/かれ葉の上の/白い雪」
2016年11月05日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境には、ひろすけの碑も見えます。
「むくどりの/夢のかあさん/白い鳥/さめて見る/かれ葉の上の/白い雪」
2
小高い丘に登り、山頂方面。まだ山頂は見えません。
2016年11月05日 11:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小高い丘に登り、山頂方面。まだ山頂は見えません。
3
ガマズミの実も真っ赤です。囓ってみると甘酸っぱかった(小さい頃、硯上山によく登ったとき囓りました、懐かしい)
2016年11月05日 11:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガマズミの実も真っ赤です。囓ってみると甘酸っぱかった(小さい頃、硯上山によく登ったとき囓りました、懐かしい)
4
雑木林に入る前に登山口方面を振り返る。日射しが眩しく、風も無く汗が出ます。
2016年11月05日 11:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑木林に入る前に登山口方面を振り返る。日射しが眩しく、風も無く汗が出ます。
2
季節外れのヤマツツジ。
2016年11月05日 11:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節外れのヤマツツジ。
2
ピークに立ち登山口方面を振り返る。見晴らしは良いですね。
2016年11月05日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに立ち登山口方面を振り返る。見晴らしは良いですね。
4
第二のピークに着いてやっと、龍が岳の山頂が見えました。左端のピークが山頂、なかなかシャイな山ですね。
2016年11月05日 11:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二のピークに着いてやっと、龍が岳の山頂が見えました。左端のピークが山頂、なかなかシャイな山ですね。
4
稜線に出る雑木林は比較的歩きやすかったです。
紅葉の時季は、広葉樹がいっぱい、どんなに綺麗だったことか想像出来ます。
2016年11月05日 11:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出る雑木林は比較的歩きやすかったです。
紅葉の時季は、広葉樹がいっぱい、どんなに綺麗だったことか想像出来ます。
2
稜線に出て左側に進みます。藪漕ぎの始まり。
藪だらけですが踏み跡はしっかりしています。リボンもあります。
2016年11月05日 12:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て左側に進みます。藪漕ぎの始まり。
藪だらけですが踏み跡はしっかりしています。リボンもあります。
1
藪漕ぎ中。
2016年11月05日 12:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ中。
5
龍が岳(994.2m)山頂に到着。
2016年11月05日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍が岳(994.2m)山頂に到着。
7
三角点にタッチ。
2016年11月05日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
3
〆鯑初冠雪の蔵王連峰。
2016年11月05日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
〆鯑初冠雪の蔵王連峰。
4
⊆靴宿町の峠田岳方面。
2016年11月05日 12:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
⊆靴宿町の峠田岳方面。
3
(涜瑤板日連峰方面。
2016年11月05日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(涜瑤板日連峰方面。
4
月山方面。
2016年11月05日 12:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山方面。
3
月山方面(アップ)
2016年11月05日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山方面(アップ)
3
鳥海山方面(アップ)
2016年11月05日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海山方面(アップ)
3
鳩待峠への稜線。
2016年11月05日 12:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠への稜線。
4
再び蔵王連峰方面。
2016年11月05日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び蔵王連峰方面。
2
青空の下、蔵王連峰。
ここの上空は飛行機が良く飛んでいます。
2016年11月05日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、蔵王連峰。
ここの上空は飛行機が良く飛んでいます。
2
〆討咫霞んでいる朝日連峰。
2016年11月05日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
〆討咫霞んでいる朝日連峰。
1
吾妻連峰方面。
2016年11月05日 12:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻連峰方面。
2
H径堝淑面。
2016年11月05日 12:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H径堝淑面。
1
今回は、コンビニ弁当は止めて、果物だけにしました。
柿は、実家の渋抜きしたばかりの柿(個人的にはリンゴより柿が美味しかった)
2016年11月05日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、コンビニ弁当は止めて、果物だけにしました。
柿は、実家の渋抜きしたばかりの柿(個人的にはリンゴより柿が美味しかった)
2
では、鳩待峠へ下山します。
2016年11月05日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、鳩待峠へ下山します。
稜線沿いより、登ってきた山形方面。途中からとても急で曲がりくねった国道339号線です。
2016年11月05日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線沿いより、登ってきた山形方面。途中からとても急で曲がりくねった国道339号線です。
1
下山途中からの山頂方面(左側)
2016年11月05日 12:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中からの山頂方面(左側)
この辺一帯が数年前まで放牧場だった名残でしょうか。
2016年11月05日 12:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺一帯が数年前まで放牧場だった名残でしょうか。
3
右側の碑が、放牧場だったという碑です。
2016年11月05日 12:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の碑が、放牧場だったという碑です。
4
駐車場より龍が岳方面。やっぱり山頂は見えません。
2016年11月05日 12:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場より龍が岳方面。やっぱり山頂は見えません。
駐車場脇のトイレ。峠駐車場付近からの眺めも良いのでドライブの方用なのでしょうか。
2016年11月05日 12:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場脇のトイレ。峠駐車場付近からの眺めも良いのでドライブの方用なのでしょうか。
1
いつもきれいに使ってもらい おしょすいな!
雨水がトイレに入ってしまうので、使用した後は戸をしめてくださいね!
※暫くぶりで、東北弁を見ました、山に登ってスッキリ、トイレ前でホッコリでした。
2016年11月05日 12:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 810 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもきれいに使ってもらい おしょすいな!
雨水がトイレに入ってしまうので、使用した後は戸をしめてくださいね!
※暫くぶりで、東北弁を見ました、山に登ってスッキリ、トイレ前でホッコリでした。
3

感想/記録

里山と言われてますが、鳩待峠に行くまでの道路が大変です。
山形県側から鳩待峠目指しましたが峠に近づくにつれ狭く曲がりくねってて片方は崖の所、多々。
福島県側の道路は、春も秋(今回)も通行止めでした。これから冬期に入り今年は、いつ通行出来たのでしょうか。
登山道は、藪漕が多いですが眺望はとても良いです。登山道は藪でリボンや踏み跡が頼りになります。登山道が分からなくなっても稜線より外れなければ大丈夫です。
訪問者数:79人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 藪漕ぎ 紅葉 コンビニ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ