ヤマレコ

HOME > neko-busさんのHP > プロフィール

プロフィール

neko-busStandard

プロフィール

所属グループ
ユーザ名 neko-bus(最終ログインは1時間以内)
登山経験 2014年〜 (登山歴3年) / 山行日数 211日
現住所 香川県
性別 男性
出身地 香川県
職業 役員・管理職
自己紹介 小学校低学年の頃にばあちゃんと近くの里山に松茸取りに行ってました。
その後お山にはすっかり縁がなくなる。

2014.9 それから40年近くたって、馬鹿にしていた山登りに誘われて行ったお山に魔法をかけられる。

それ以来、アルコール中毒者のごとく山コール中毒になり、シューイチでお山に行かないと頭がおかしくなりそうになる。

今まで見向きもしなかった自然の営みに感動するようになり、静まり返った山中で聞こえてくる小鳥(中鳥も含む)のさえずりに癒される。

中でも好きなのはツツドリである。
尾行するかのごとく、つかず離れず付きまとわれると嬉しくなる (^^;;

あの鳴き声は面白すぎる。

最近、髪の毛が淋しくなりはじめ、カヤハゲ、サガリハゲ、落ハゲに親近感がわくように (^^;;

ハゲ百名山を執筆しようか思案中 _〆ヾ( ̄(エ) ̄

山登りは体ひとつでできる安上がりな趣味だと思っていた。
カッパが数万円もするのに腰を抜かす (゚▽゚;)

2014.11.1 うかつにも最終コンビニをスルーしてしまい、ファガスの森でブンコさんにオニギリを作ってもらい一命を取り留める。

2014.11.3 石堂神社からの矢筈の下りで迷子になり泣きそうになる "(/へ\*)"))ウゥ、ヒック
笹に濡れて膝から下がずぶ濡れになる。
Gパンは論外だと悟る&スパッツとゆう水濡れ防止の膝当てがあることを知る。
真っ白な矢筈を見て霧氷を冠雪と勘違いする。

2014.12 次々と山に投資する。

2015.1 真冬でも長距離山行の後は、体重が3垳困襪海箸鮹里襦
翌日には元通りになることも知る。

2015.1 踏み抜いた数だけテンションが下がることを知る。

2015.1.31 真冬の阿波のマッターホルンの山頂直下ではじめて生命の危険を感じる(もちろん撤退)。
そんなときは嫁の顔は一瞬も浮かばず、娘の顔が浮かぶことを知る。

2015.2.11 性懲りもなく雪深い高城山の山頂直下でガチガチに凍った急斜面と格闘の末、撤退する。

2015.2 軽のノーマルタイヤで頑張っていた雪山アクセスも、やっとゴムチェーンを買う。
2015.2.15 ゴムチェーンデビューの寒風山道中で、電気アンマの連続攻撃を受け、タイヤチェーンの醍醐味を味わう。

2015.2.28 牛の背にて、夏でもないのに日焼けするとゆう摩訶不思議な雪焼けを経験する。

2015.3.8 誰もいない山中でシリセードデビューを果たす。
しかし、斜度と加速度の方程式を考えていなかったため、痛い目に遭う。

2015.3.25 四国一雪深いとゆわれる矢筈で雪山の厳しさを痛感する。
渡渉時にどう見ても滑りそうに見えない流木に乗ると、ひっくり返って着水することを学ぶ。
ピッケルを買うお金がなく、雪山シーズンが去る。

2015.4.12 落合峠から寒峰へ行き、福寿草と戯れた帰りに足がつって帰れなくなりそうになる 。
水が底をつき、e-maのど飴でギリギリ乗り切る。

2015.5.31 どう見ても滑りそうでない石でも、乗ったらひっくり返ることがあることを知る。

2015.6 ミッフィちゃんのクーラーボックスを買う。

2015.6 気象庁の天気予報に振り回されている自分に気づく。

大木はすべてブナだと思っている。

2015.6.27 三種の神器であるレインウェアは、ピーカンだろうが荷物パンパンだろうが何があっても持っていかないといけないことを痛感する。

2015.8.29 師匠と出会う。

2015.11.21 天狗塚直下でsin-kazamaにシカトされ、岩で向こう脛を強打して肉がえぐれる。

2015.12.13 トランゴ履いたら自分が上手くなった気になるとベースキャンプのオッサンに騙されたことに気づく&師匠のお供をする。

2015.12.20 iPhoneをボットンに落として痛い目に遭う。

2015.12.23 ライトニングアッセントデビューのハズが3日前の大雪がなくなってただのお荷物になる。
結局デビュー果たせず雪山が去っていく&せっかく買った4駆のよさを試すことなく暖冬が終わる。

2016.1.3 馬鹿にしていた里山の醍醐味を知る。

2016.2.11 愛するsinと東赤石山で結ばれる。

2016.4.16 愛するsinを裏切り、バッくんと西熊山北東尾根で背徳する。

2016.5.14 雲早山⇆高丸山縦走路でエントツ山さんと出会う。


なかなか花三昧の山に恵まれず、モヤモヤしているが、いつかお花畑でsinと手をつないでスキップして、お花占いしてお花のティアラ作ってハイジの世界を満喫したい。゜゜ヾ(*>∇<)ノシ
ページの先頭へ