また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > sokai881968さんのHP > 日記
2021年10月14日 20:54昔の山旅の記全体に公開

4度目のニペソツ山

いくつもの山に登った私ですが、好きな山ベスト3を挙げれば、順位なしで剱岳・トムラウシ・二ペソツ山となります。
ニペソツ山は、もう3回も登りました。3回も登りたくなるくらい、いい山だと思います。まずはその姿。羊蹄山や利尻山のような火山ではないのに、独立峰です。しかも北海道の山では日高山脈や芦別岳あたりにしかない、ピラミダルな岩峰がそびえています。
そしてここがミソなのですが、ニペソツ山に登るのは、ほかの山と違って(幌尻岳も同じです)ギャンブル的要素が大きいということ。それはどういうことかというと、登山口から山が見えないのです。かろうじて登山口入り口の十勝三股からその一部が見える程度。あとはよほど遠くまで行かないと見られません。つまり、ニペソツ山に登りながら、その姿を目にできるのはそうとう登ってからでないと難しいというわけです。ということは、登ってみたものの、山が見えなかったということも十分にありうるわけです。
これまで私が3回登った中で、1回目は完全にガスの中でした。2回目は好天の下登れました。3回目は山の南半分が雲に覆われていました。ちなみに3回とも同行の人がいましたが、今回は初めての単独行です。(一度途中まで1人で登ったことはありますが、強風で、ニペソツ山の姿を眺めただけで断念しました)

今日(2010.8.10)は登る前に十勝三股で山頂が見えることを確かめてから登り始めました。見えなかったらあきらめるつもりでした。最初は樹林帯の中の苦しい登り。1時間ちょっとで天狗のコルという岩場を過ぎ、そのまま天狗岳の登りにかかります。このあたりはよい天気でした。でも、このあたりではまだ目指すニペソツ山は見えません。天狗岳を回り込むようにつけられた登山道を進み、岩場を登りきったところで初めてニペソツ山が姿を現すのです。深田久弥もその時の驚きを「山岳展望」という著書に収められたニペソツ山行記で記しています。
今回は、前回同様山の南半分が雲に覆われていました。そこで2人の人に会いましたが、1人は夕べは山でテントを張り、早朝から登り始めたそうで、早朝には青空の下にニペソツ山がすっくとそびえていたそうです。2人はそこから下山しましたが、登山口にあった車やバイクの数からすると、ニペソツ山に登っているのはあと1人だけ。それに私がこれから登るとなると、私が今日のニペソツ山の最後の登山者となりそうです。わが心の山と思っているニペソツ山を独り占めできるわけです。
そのあとはきついアップダウンを繰り返しながら登っていきます。途中雲が途切れ、ニペソツ山の鋭い岩峰が目の前に姿を現しました。もう3度も登っている私からすれば、今日は1度だけでもその全容が見られれば満足です。その後はガスが出てくる一方で、ガスの中をひたすら登り続けました。最後の岩場の手前で下山してくるもう1人の登山者とすれ違いました。この後、ニペソツ山は私一人だけのためにあったのです。
たった1人で山頂に立った感慨はなかなかのものでした。写真はこれまでにもう何枚も写しているので撮りません。ゆっくりとお昼を食べました。山頂はなぜかハエとクジャクチョウがやたらと多く、落ち着けませんでした。
30分ほど滞在し、あとはひたすら下山しました。ニペソツ山は完全にガスに隠れてしまっていたので、振り返ることもしませんでした。途中天狗岳の岩場でナキウサギを見ました。ニペソツ山は有名なナキウサギの生息地ですが、いかんせん山奥なので、見に来るためだけに登ってくる人ははずいないでしょう。そのせいか、ほかの生息地に比べて警戒心が薄いようです。今日1匹だけ見ましたが、近寄っても逃げませんでした。
結局8時に登り始め、山中で1時間ほど休憩し、登山口には16時に着きました。ちょうど8時間の山行でした。不覚にも飲み物を少ししか持っていかず、山中で飲みつくしてしまったため、下山後すぐに三股山荘まで向かい、スダチソーダとアイスコーヒーを頼み、急いで飲み干しました。それでようやく人心地がつきました。

*追記:ニペソツ山は、現在は数年前の豪雨による災害で、杉沢出合(十六の沢)の登山口への林道が寸断され、幌加温泉からしか登れなくなっています。日帰りがかなり困難な山になってしまいました。杉沢出合までの林道が復旧しない限りは、残念ですがもう二度と登ることはないでしょう。写真には例によってニペソツ山に登ったときの思い出を記した自作の小文を題材にした、漢字仮名交じり書の作品をお目に掛けます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:131人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ