また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > mkazu11さんのHP > 日記
2019年06月12日 22:28未分類レビュー(シューズ)全体に公開

彷徨える庶民の登山ギア選び 靴編(2)

丹沢、奥多摩・高尾に歩き慣れてくるとどうしてもアルプスに興味が湧いてきますよね。
やっぱりアルプスに行ってみたいと思い始めるとどうしても行ってみたくなり、次は靴はこの低山用で大丈夫なのかと調べ始める訳です(今となっては3シーズンで一般登山道歩く限り、必ずしもアルプスだからと靴を変える必要は無いと思いますが)。
そしてなんとなく岩場が多くなる高山では硬い靴がいいらしい。であれば慣れた低山靴と同じメーカーのマムートで、アルプスに最適とかネットで出まくっていて当時かなり価格が下がっていたマジックGTXを単純に買い増しました。
正直、テトンとの違いはミッドカットがハイカットになり、セミワンタッチアイゼンが装着できるコパがついている事くらいしかわからず、そもそも雪山に行く事なんて当時は考えてもいなかったので、えらくゴツい靴を買ってしまったなくらいの感想でした。

そして初めてのアルプスは中央、南、北とあるけれど初心者でも行きやすいのはロープウェイで行けるあそこ。といういう事で中央の木曽駒ケ岳に登りました。
なんとなくアルプス用みたいな感じでマジックを履いて登りましたが素人の自分には若干しっかりした靴だなくらいの感覚。アルプスだからと言って必ずしも靴を変える必要は無いと分かりました。ただ宝剣に登った際には硬い靴が安心だなっていうのも実感したのです。
その後、3シーズンでは北も南もアルプスに行く時はアルプス用wのマジックを履いてます。
あ、ここでいうアルプスはあくまでも一般ルートで、更にキレットとかジャンダル的なところも含みませんのであしからず。

(続く)
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ