また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > mtjadaiさんのHP > 日記
2020年05月16日 14:22山の話全体に公開

自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)

現在、緊急事態宣言を受けた登山自粛真っ只中ではありますが、今後の登山スタイルを検討してみます。

医療サイドからのいくつかの提言がなされていますが、3密を避け、感染症防護を行い、遭難事故を発生させないスタイルの確立をした上での限定的な登山がこれから求められますので、はたしてどうしたら良いの?というのが我々の懸念だと思います。

一つの参考になるのが、マスク着用の登山です。

近いスポーツとしてマラソンではマスク着用で走ることが、医療サイドから提言されています。

★山中伸弥教授、コロナ対策にランニング時のエチケットを呼びかけ「マスクやバフの使用を。周りにウイルスを撒き散らしているかもしれません」
https://melos.media/training/54999/

こちらを参考にすると、マスク着用しての登山が今後求められるのではないかと思います。

さらに団体登山ではなく、個人や少数での登山への方向性へ切り替えになるのではないか?
山開きなどのイベント登山はしばらくはできないでしょうし、人数が多いガイドツアー登山も難しい。

また、「登山活動再開に向けた感染防止対策資料」の発表について
https://www.atpress.ne.jp/news/212300/amp

こちらも参考にすると

登山者は、除菌アルコールや石鹸も持ち歩くことが必要になりそうです。

必要なのは、アフターコロナ時代の新しい登山のあり方をきちんと検討していくことで、社会とのコンセンサスを得ていく必要があるということです。

どうしたら安全な登山を再開できるのか各界の意見を取り入れ、検討いただきたいものですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1170人

コメント

RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
マスクを着用して運動などありえないでしょう。
血液が温まるし、酸素の供給量は減るし、死にます。
石鹸の持ち込みなどしたらその汚水はどうするのでしょうか。
2020/5/16 15:03
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
コメントありがとうございます。
いろいろご意見あると思いますが、そこいらへんの対策が、マラソン業界で提言されてました。
最初はマスク着用は無理だろうと同じ意見でしたが、感染を避ける意味では、必要かもしれないと思いいたりました。

アルコール除菌を前提にするのが無難だとは思いますが、石鹸の是非については、どういったシチュエーションなら可能かは検討されて良いでしょうね。

私としては登山仲間で感染防止と登山の両立をはかる議論をしていく必要があると思います。
2020/5/16 15:28
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
mtjadaiさん
投稿自体は非常に意味のあるものだと思います。
意見交換を深めるべきだと思います。
真夏に現在普及している不織生地の使い捨てマスクをして歩いたら必ず事故が起きるでしょう。
そのうちモンベルがバラクラバを改造した登山専用マスクを発売するのではないでしょうか。
一週間の山行で一回も手を洗わず脱糞飲食をした私としては、電車の手すりに触らなければ手を洗う必要は感じません。
山には電車の手すりはありませんが、梯子と鎖がありますので触らなければいい。
触りたいなら手袋着用ですね。
そうですね、手袋の常用は真夏でも励行できます。
石鹸は水を使わないタイプ以外は汚水の問題がありますので山小屋でも沢でも駄目ですね。
岩魚にいい迷惑です。
小屋を利用するなら除菌ティッシュを持ち歩かなければだめでしょうね。
少なくとも今の営業小屋の営業形態では利用は避けるべきですね。
安心できるのは厳冬期の3,000mの稜線ぐらいでしょうか。
でも私が普段歩いている奥武蔵では登山者に山中で会うことはほとんどありません。
なにか「べき」「べき」書いてしまいました現実的にできることを考えて山を歩きたいです。
宣言の文言に惑わされることなく、趣旨を自らの行動に適うかたちで具現化すればよいと思います。
2020/5/16 16:11
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
マスクについては、トレイルラン業界ではネックゲイターを以前から使っているみたいなんですね。
商品名では「バフ」というものがマスクほどの効果は微妙ですが使われています。これは取り入れ可能と見ています。
それと単独行は問題無いですが、少数でのパーティ山行の場合は、少し距離を離した行動にしていく必要がありそうです。

自分的には、今は単独行が推奨ですが。

接触感染防止では、やはり手袋推奨にはなりますね。野外の場合、日光消毒されるので屋外の物は比較的安全ではあるし触るものは限定的なんで神経質になる必要は薄いという点もありますが、念の為ですね。

問題は人が集まる山小屋になってくるのかなと思います。ここがクラスターになるので、やはり宿泊するならソロテント使用するのが無難だと見てます。東北エリアでは夏季はテン場がまず無いのでそれだけで行動制限かかりますので悩ましい。

同じく東北のローカルな山のマイナールートだとすれ違う人も数人いるかどうかなんであまり気にする必要も無いのですが、人気あるメジャールートはそれなりに人はいますので、それをどう対処するかが問われるところでしょうかね。
2020/5/16 17:32
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
コロナ時代の追加装備としては

ネックゲイター(人がいる時に着用)
手袋着用

山小屋宿泊するなら、(ソロテント推奨)
消毒用アルコール
除菌テッシュ
ジップロック袋

単独行もしくは、数人での山行中は少し距離を離しての行動。

あたりで良いのかなと思います。

他にもありそうですがどうでしょうね?
2020/5/16 17:44
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
とても現実的なご提案だと思います。
そういえば最近新型コロナウイルスは紫外線に弱いと言われていますね。
使用後のティッシュを入れるジップロックはあった方がいいですね。
以前、利尻山を歩いたとき自分の糞尿も持ち帰ったのですが、青空のもと、足元には高山植物、目の前には針峰群、気持ちよく深呼吸したら背負った糞尿の発酵した香りが漂いげんなりしました。
糞尿を入れる袋には凝固剤と消臭剤が入っていて袋も2重でしたが、見事に匂ってきました。
匂いの粒子はウイルスより小さいのでしょうか。

後はそれらを装備していない人がいても非難しないことですね。
2020/5/16 18:05
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
現状だと模索段階ですので、情報を集め意見うかがいながら対応を考える段階です。
我々登山屋はリスク判断し、しっかり準備して冷静に対処することを常に求められています。
疫病もまた自然の(人工的との噂もありますが)脅威だとすれば同じ対処が求められます。
糞尿のたぐいからの感染も考えられてますからやはりこれもリスク拡散になるのかと考えるとげんなりしますが。

山の上でまで自粛警察は必要なく、自らがリスク判断し行動する、自律の精神で相互尊重して山に登ることを心掛けたい物ですね。

貴重なご意見ありがとうございました。
2020/5/17 0:14
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
mtjadaiさんがリンクを貼られている山岳救助機構の登山者に向けた登山再開のための提言では、【(人にウイルスを移さないための)マスク、(移さず・移されないための人からの)距離・(ウイルスが多そうな物に触れた後やトイレ使用後の)手洗い】が必須のようですね。

私自身、3日前のハイキング(約3時間行程)では始終マスクをしていました。ただ、登りで息が上がるような場所では、すれ違う人がいない限りはマスクをずらしました。

マスク以外に「ヤケーヌ」も話題になっていますね。

山岳救助機構の提言には山小屋関係者に向けたものが詳しく載っていましたが、ちょっと大変だと思いましたし、山小屋関係者からは「非現実的」というような意見もあるようですね。
2020/5/16 19:05
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
コメントありがとうございます。

山でも疫病対策しないといけない嫌な時代ですね

マスクのたぐいについては、バンダナ・手ぬぐい等でも顔に巻く方法もあります。「ヤケーヌ」拝見しましたがこれも使えそうです。
マスクは人がいる時には必要ですが、いなければつけなくて大丈夫でしょう。主旨的には、自分の飛沫を人にかけない防止対策です。

山小屋にとっては感染防止対策は金銭的・荷揚げ負担・スタッフ負担も含め厳しいのが現実でしょうね。
無人避難小屋なんかは、消毒すらままならないので、ある程度のリスク前提での自己責任利用が必要になります。
感染リスク考えると山小屋利用は躊躇してしまう部分もありますね。
2020/5/17 0:43
RE: 自粛解除後の登山スタイルを考える(マスク着用登山?)
mtjadai さんがおっしゃるように「マスクは人がいる時には必要だが、いなければつけなくて大丈夫。主旨的には、自分の飛沫を人にかけない防止対策」ですね。
山小屋が今後どういうふうになるのかは気になりますね…。
2020/5/17 6:13
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する


ページの先頭へ