また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > mtjadaiさんのHP > 日記
2020年10月17日 00:36未分類全体に公開

自称足が早い人という迷惑

自称、足が早い人という迷惑登山者がいます。

グループ登山やっているとかならずいる困ったちゃんで、パーティ運営上迷惑なんだが本人は得意げなんでたいがいは手がつけられない。

グループ登山の場合は、ペース配分は足が遅い人を中心に組んでいくのが通例なんですが、足が遅い人を「俺は足が早いんだ〜、俺のペースを邪魔しやがって」とばかりに批判しはじめるから質が悪い。
これをパーティ登山でやる人間がいると気まずい雰囲気になり、パーティ解散になる引き金となるケースが多い。

たいがいは登山初心者でマラソンとかである程度足を鍛えているパターンが多く、登りは早いが下りはさほどでもなく、荷物も軽く小さいし、パーティの荷物を運ぶようにうながすと嫌がる。「リュックが小さいので荷物が入らないんです〜」
先頭歩かせると「道がわかりません〜」ひどいと道を間違える。一本道の整備された道だと、後続なんて見てないから得意げにハイピッチになり早くなる。

早いといっても通常1のところ0.9かがんばって0.8ペース。

足が早いのを回りにアピールしたいだけだから、一人歩きはまずしない。

たのむから、パーティ運営じゃまだけしないで欲しい。

で、足が早い人にはパーティのために荷物を運んでもらうか、カメラもって写真撮りながら歩くことをすすめています。
登山はルートを早く登り降りするレースでは無いので、道行く景色・眺望を楽しんだり、高山植物を見たり、同行者との会話をしながら歩く山の豊かな時間を楽しんで歩いてもらいたいものです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:880人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ