また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > teikiさんのHP > 日記
2020年02月09日 19:19忘備録全体に公開

御前山に捨ててきました モンクアル?

丹沢よりも家から近い奥多摩山域
なんかねー行く気がしないんよねー
個人的に魅力を感じないんよねー
だからと言って丹沢にも行かないんだけどさー

でも、奥多摩三山である「大岳山」「三頭山」「御前山」を今日で制覇しました。

・・・「御前山」を「おんまえやま」だと思ってました。でも「おまえやま」よりはマシでしょ?
正しくは「ごぜんやま」ですけど

さて、先週ドカ食いをしてしまったので、取り過ぎたカロリーと貯蓄量が充分足りている脂肪を捨てるために御前山に行って来たのです。

山に捨てなくてもいいのだけど、他の事をするのが面倒なので。

元バイク乗りとして奥多摩周遊道路事情は把握している
把握していたけど、ゲートが開くののって8時だっけ?

そう思ったら、都民の森の開園時間が8時でゲートが開くのは9時からでした。

なので、都民の森でトイレ行ったり、準備したり、携帯いじったり、登山者(主におねーちゃん)を観察してました。
( )が余計か?


登山者は三頭山へ登っていく
中型バスのツアーらしき団体も登って行った
カメラマンも多く、景色だか、鳥だかを撮っている

9時にゲートが開いたので、月夜見第二駐車場へ車を進める

当然ながら一番乗り
すぐに親子の登山者が来たが、先に行く

で、登山に来たのに、最初から下り
しかも、かなり降りる
そして急

初めてだよ。スタート地点から降りるのは

それと、すごく寒い
前回の雪山よりも装備は減らしているが寒い
雪山でもあまりしないグローブを付けて進む

風がややあり、顔が冷たい

途中にいくつもの頂上があるのだが、その山には全て巻き道が用意されている
最初は右を行ったから、行きは全て右で行き、帰りも全て右で行こうと決める

で、このプチ頂上
登りも下りも全て急なんだよ
スキーをしていたから、斜度がなんとなく分かるんだけど、30度はあるんだよね
(巻き道は緩やか)

慎重に降りたが、1ヶ所で転んだよ
(本日1コケ、2スリップ)

登山道は針葉樹林が少なく広葉樹林ばかりだから、落葉しており、木々の間から景色が望め、ほぼ全行程が尾根をあるくものだから陽があたり登山道が明るい

泥とは無縁で道幅も広く、冬の低山歩きとしはとても良い

一番乗りだから先行者はいないと思っていたが、突如前に人がいる!

どうやら小河内峠でぶつかる陣馬尾根か清八新道からの登山者のようだ
しかし、この人すっげー疲れてる
ザックパンパンの荷物
ポールをザックに差しているのに使っていない
もうね、息も絶え絶えって感じ

ルート的には惣岳山手前の急登が少々きついけど、それ以外は巻き道を使えば楽です。

その後は惣岳山頂上で1人と出会う。

少し会話をしたら、奥多摩湖方面からの登山道は雪が多いようだ

そこからはじゃりじゃりの雪道だけど、アイゼンの出番はなし

頂上には1人いた

いつもは頂上で昼ご飯を食べるのだけど、風があり寒いので少し離れた避難小屋へ

避難小屋はなんと?外の入り口で靴を脱いで入る
そんなん初めてだ

建物自体は綺麗で、フローリング1面の部屋

中には老夫婦が色々作って食べてました。
その横にはにーちゃんがいて、やはり何か作って食べてました。

わたくしは簡素にカップラーメンとおにぎり

室温はー2度
皆様バーナーを使っているので外よりかは少し暖かいのかな?
そうすると外はー4度くらいか?

しっかし、狭い室内で皆さんバーナー使っていて酸欠にならんかな?と少し心配

室内の一番上には換気孔があったので平気なのかな?

ちなみにトイレは汲み取り式
紙はありましたが、槽内に入れるな!と明記

女子用or男子大便用は1つで覗いただけでしたが、まあ、なんとか使用に耐えうる清潔さなのではないでしょうか?(出来れば使いたくないレベル)

男子小便器はこの真冬なのに臭かったので夏はやばいのでは・・・

避難小屋の脇には水場があり、煮沸してから飲用するようにとの注意書き


昼食を食べ、頂上に戻ると一気に人が増えてました


避難小屋で見た老夫婦・中年夫婦1組・子供連れ親子が2組あとの10数人は全て単独登山者でした。

つまり、家族連れか単独者しかいませんでした。
単独者は山の格好をしており、新品ではなく数年は使用している感じの服であるから、玄人好みの冬山なのかな?と感じた

普段は平日に登山しているから、人が多いと嬉しくなる
ある程度は賑やかだと活気があるのも良い感じだ
とは、言っても今回も少数派が使う登山道だったから、頂上以外ではほとんど人に会ってませんけど

しっかしこの山は良い山だ。歩きながら思ったよ
アップダウンが適度にあり、絶えず木々の間からではあるが景色が望め、明るい登山道
気持ちが良いんだよね


帰りは霜柱を蹴散らす音が気持ちよく、駐車場に戻り都民の森でトイレに行って帰宅


往復ともに休憩なしで歩き続けたので、ちゃんと脂肪は捨てれたかなあ?
冬は気を抜くとすぐに脂肪を蓄えちゃうからね
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:344人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ