ヤマレコ

HOME > solosolokunさんのHP > 日記
2017年09月13日 19:49未分類全体に公開

映画『海辺の生と死』

8月の最初の日曜日、映画館に行くと、「1席だけ空いています」という。

最前列のど真ん中。
スクリーンを見上げての観賞となった。

舞台は『奄美大島』


奄美大島には、2回行ったことがある。

1度目は観光。

冬だった。

グラスボートで海中を覗くと、ベラ系の魚が集まって来た。

魚の胸ビレは意外に大きくて、まるで飛んでいる鳥を、上から見ているようだった。

現地にいる知人が、サトウキビ畑で農家の人にお願いしてくれて、鎌でカットしてわけてもらった。

名物なんです。と、昼には『鶏飯(けいはん)』を頂いた。


2度目は、 悲しい事があって飛んだ。

皆で特別な形の豆腐をたべた。


この映画の主役の満島ひかりは、国民学校の先生。

子供達が色々な島歌を歌う。

そこに軍人永山絢斗がやってくる。

今思い出すと、短い文(ふみ)でやり取りする二人の関係が、平安時代のよう(源氏物語現代版)だったなぁと思われた。
訪問者数:54人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


この日記を書いた人


solosolokun

9月のカレンダー

«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

訪問者数

  • 1661人 / 日記全体

最近のコメント

各月の日記

ページの先頭へ