また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > shichi7さんのHP > 日記
2016年08月08日 08:19未分類全体に公開

第29回穴吹川筏下り大会に参加

徳島県の穴吹川は吉野川水系一級河川で延長41,891m(徳島県で6番目の長さ)。
水質は18年連続四国一、平成25年から3年連続日本一。
そんな綺麗な川で催される筏下り大会に初出場してきました。

出場メンバーは kyanonさん、subaru555さん、kachichi3537さん、nanchiさん、私の合計5名。
週末の休みに何度となく集まって筏作りについて、テストや改良を行ってきて、「これなら川を下る途中で分解せずに完走できるんじゃないか?」と、若干の不安は残しつつも大会当日を迎えました。
本当なら前日の午後に筏を搬入しなければいけないのですが、仕事で都合がつかないため当日の早朝搬入となり、そのため5時にkachichiさん宅に集合して3分離した筏をそれぞれの車に積み込み、現地へと到着してさっそく組み立てを開始です。
が…やはり初めての事なのでトラブルはつきもの。
一部の材料を持ってくるのを忘れているのに気付いたので、私がkachichiさん宅に取りに戻り、持ってくるのに往復1時間。戻ってきてみると組み立てもほぼ完了していましたが、私が持参した発電機が早々に停止してしまい使用できなかった!とブーイングです。これも良くある事で…

予定通りに7時過ぎには組立が終わったので、筏を所定の筏置場へと川を渡渉して搬送。
筏をしていされた場所へと置き、すぐにゴール地点へと車を移動。
車中で着替え等してから搬送バスに乗り開会式が行われるスタート地点へと移動。
10時からの開会式まで時間があるため川の中に入り、岩から飛び込んで遊んだり、日蔭で涼しんだりで其々に開会式までの時間を過ごします。
そして、開会式が終わりいよいよ筏下り開始です。
10時30分から1分間隔で1艇ずつスタートしていくため、我が艇は26番目のスタートのため10時56分のスタート。
今年の穴吹川は雨が降らない日が続いているため過去の大会には無かったほどの低水量。スタートしてすぐに筏を皆で押していきます。
艇底を岩にゴンゴンぶつけて行ってるので最後までもつのか不安になりますが、もう前進するしかないので、ゴンゴンぶつかるのかまわずに進んでいきます。
水位がやや深くなってくると皆乗船して
先頭のnanchiさんが竹棹を持って前方の障害物(岩)にぶつからないように竹棹でさばいていきます。その後ろにオールを持った男性3名が座り漕ぎ担当。(オール1本はスタート早々に折れてしまい役に立たなくなった。)
最後部にkachichiさんが竹棹を持ち、船が回転しないように調整するなどして息をあわせて操船していきます。
急流になると「うぉ〜!ひゅ〜!楽しい!」等々と歓声をあげながら難所を通過していき、中間地点のチェックポイントには制限時間1時間20分のところ1時間かからずに到着。でも、早かければいいというものではなくて、完走設定タイムは表彰式の時まで明かされず、順位は設定タイムに近い順となるため、常連チームは過去の例から設定タイムが予想できるようで途中で岸に上がり時間調整しているところもあります。
でも、我がチームはそんな余裕もないし、どんどん抜かれていくばかりなので先を急ぎます。中流域になると急流箇所は終わり、川の流れも緩やかとなりノンビリと下っていくという訳にもいかず、筏から降りて押していく場面も多々あります。
そして、なんとか2時間を越えてゴール。
途中でべニア板が外れたり、浮力用にミカンコンテナに詰めていたペットボトルが飛び出してきたりで、その都度対処しながらの川下りでしたが、とても楽しい体験でした。
筏から降りて押したり、筏から離れてしまい急流を単独で流れている時に手や足をきったり、岩で膝や体をぶつけたりで危ない面もありますが、それを上回る楽しさがあって、チーム一丸となってゴールできたのも楽しさ倍増という感じでした。
ゴールしてからさっそく筏の分解を開始。
あらかた分解を終えたころに閉会式が始まりました。
全チームに賞品があたるため、参加44艇の順位を読み上げていきます。
我がチームは19位。缶ジュースの詰め合わせを頂きました。
ありがとうございます。

閉会式後はミカンコンテナ、ペットボトル、発泡スチロール、角材、べニア板等に分解したものをそれぞれの車に積み込んで解散です。

参加の皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。
普段の山登りとは違うスリルやチームプレーなど、非常に楽しくて「来年も参加しましょう」という事になりました。
来年は今回の経験を活かして筏を改良して参加しましょう。

大会翌日の筋肉痛が半端ないかと思いますが、しばらくは筋肉痛とともに余韻に浸ってください。
私は携帯とカメラがダメになったので泣いてます。

(写真左)朝6時より現地にて筏の組立開始。
(写真中)開会式前の集合写真。
(写真右)スタート前の順番待ち中。
訪問者数:351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2011/12/2
投稿数: 990
2016/8/9 23:51
 RE: 第29回穴吹川筏下り大会に参加
shichi7さん、そしてご参加された皆様、お疲れ様でした yacht

少々足場が悪くても"地に足"さえついていれば何とかされる面子でも…
水の上や、川底に足が付く程度では、思う様に事が運ばなかったようですね
"下り"でここまで苦戦されるのは中々できない経験ではないでしょうか

子供の頃、夢見たようなイベントですね!
楽しく読ませていただきました
登録日: 2012/6/4
投稿数: 770
2016/8/10 12:48
 RE: 第29回穴吹川筏下り大会に参加
inakabusさん
コメありがとうございます。

ちょっとした激流下りによるスリルと登山より脚力が必要な水中歩行など、日常では味わえないことなので、久々に童心にかえって楽しめました。
参加のみなさんいずれもが笑顔だったのが印象的です。 

inakabusさんも筏下りとは言いませんが、沢に入ってシャワークライミングなどどうですか?
きっと楽しめるかと思います。


ページの先頭へ