また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > otttoさんのHP > 日記
2017年08月20日 00:12未分類全体に公開

祖谷(四国)の伝説(雨のため登山中止)

 8月4日、四国三日目、台風5号が近づいてくるので、おそらく山には登れないけど、万が一の可能性に賭けて、名頃の三嶺登山口の駐車場に戻ってきた。三嶺〜剣山の縦走はできなくても、三嶺山まではいけないだろうか?
 それでも台風特有のシャワーのような雨が降り続き、空に晴れ間は見えても期待通りにならなかった。
 
 東京から来たという方も、あきらめて帰っていった。
 お掃除に来ていた地元の方も、こんな日は、下でよくても上は霧が濃くてダメ、という。

 9時過ぎ、山を諦めて、観光することにした。
 
 東祖谷の歴史民族資料館に行く。
 この地方に安徳天皇と平教経が壇ノ浦から逃れてきたという伝説があるという。エピソードが具体的なので、実は本当なのではないか、と思ってしまった。
 そして平家の蝶の家紋。私も丸に揚羽蝶の家紋なので、目を見張ってしまった。
 
 三嶺に続く駐車場の一帯はかかし村となっていて、いたるところに綿を詰めたようなかかしが居る。そのかかし、夜になると平家の武者に変わったりしないだろうか・・・などと妄想してしまった。

 高知でかつおを食べ、宇和島を回り、翌朝は道後温泉で一風呂浴びた。どこかに「伊予の高嶺」の文字があると探したけど見つからなかった。

 冬の時期、また三嶺山に来てみようか・・・。
  
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:204人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ