また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > shibawannkoさんのHP > 日記
2018年08月14日 21:48山紹介全体に公開

びっくりした山_ "大崩山(おおくえやま)”

「100名山で一番素晴らしいと思った山はどこですか?」、と聞かれることがある。
印象に残っている山が多く、また甲乙付け難く、正直答えに窮する。
山を始めたの頃の感動は1つ1つが大きく、経験や季節や感性によって左右され、人それぞれによって違うものだろう。
感動の質も、地形なのか紅葉なのか花なのか、はたまた認識と違っていた意外性なのか、様々でしょう。

山を始めて相当期間経過した自分にとって、当初の感動や驚きは忘れてしまった部分も正直多いと思われる。
その中で、100名山を登り終え、200〜300名山巡りの最中で巡った1つの山が、直近で最も驚きを覚えた記憶は比較的鮮明である。
その山は、宮崎県の北部に位置する、“九州最後の秘境”と言われる”大崩山(おおくえやま)“。
その時の第一印象は、「何だこのでっかい一枚岩の山は?エアーズロックか!?」、というものだった。

花崗岩で形成された山は、他には甲斐駒ヶ岳や燕岳、オベリスク、常念岳等々があるが、その大きさが違う。
まるで地球から飛び出た巨大な一枚岩がそのまんま山となっている感じ。
そして、その険しさも秘境感が漂う。
鎖と梯子の数はおそらく1つの山で一番多いのではないか?
最後の方は梯子やら梯子やら梯子やらで、かなりうんざりしていた記憶がある。
というわけで、近年では「どこが一番?」という問いには、“びっくりした山”ということで大崩山を思い浮かべることが多い。
大崩山は200名山で100名山ではないが(笑)。

なお、昔の記憶を呼び起こすと、他に感動・驚きが大きかった山と第一印象は以下のよう(思いつく限りで、何となくの順番で)。
±疎堯塀) → 「規模・色・地形、全て美しい。この山岳紅葉に敵う所なしか!」
∩筌岳 → 「この尖がり方、半端ねーな!何でこんな尖がってるの?」
1穂高 → 「近景から遠景まで全てが山で埋め尽くされる。山岳景観日本一か!」
ぱ岳/池の平からの裏剱 → 「何だ、あの針が集まったような山は…畏怖畏怖。」
ス部_下の廊下 → 「この規模の渓谷は凄い!そして紅葉の名所だったとは!」
λ務 → 「黄色の紅葉が綺麗で展望が素晴らしい!この標高差、膝が砕ける...。」
Д肇爛薀Ε掘焚董 → 「スケールが違う。夏で一面の雪原歩き→道迷い(焦)。」
幌尻岳 → 「長い!沢登りか山登りか分からん。クマの香りがぷんぷんする...。」
甲斐駒ヶ岳 →「白くて綺麗やねん!ピラミダルだ!転がったら下まで行くな。」
飯豊山(秋) → 「大きい長い、凄いぞこの紅葉!北アルプス目じゃないかも。」
中の岳(秋)→ 「上越の紅葉がここまで綺麗とは!秋は上越か?赤が多い。」
宮之浦岳 → 「なんか全然植生違うぞ?」
雨飾山 → 「螺旋状の急登の登山道。何だ?この急登??」
やっぱり、北アルプス・100名山を中心とした有名どころが並びますね。

写真(左):大崩山(5月)アケボノツツジが満開。大きさが伝わらないかも。
写真(中):∩筌岳(5月)残念ながら、朝焼けは薄雲で遮られてしまった。
写真(右):中の岳(10月)山全面、真っ赤な紅葉だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:576人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2013/11/15
投稿数: 1777
2018/8/15 1:35
 RE: びっくりした山_ "大崩山(おおくえやま)”
こんばんは。九州No.1の山は、大崩山、四国は、三嶺、北海道は、ニペソツが定評があると思います。

shibawannkoさんの思いは、共感が持てます。自分は、まだ百名山は終わっておりませんが、北アルプスでは、北薬師岳から見た薬師カールが一番でした。岩稜歩きも楽しいです。薬師岳側から見ると、イマイチな感じがしました。
登録日: 2013/10/25
投稿数: 249
2018/8/15 9:23
 RE: びっくりした山_
NYAAさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうですね、三嶺も素晴らしかったんだと思いますが、残念ながらガスガスで何も見えませんでした...。
ニペソツは行ったことがないので、楽しみにしています。
北海道って意外と100〜300名山の山の数が多くて、かつ、山が大きく超ロングルートが多く、3回遠征しましたがまだ行ききれていません。
幌尻岳、トムラウシ、ペテガリ、カムイエクウチカウシ、神威岳と、日高山脈を中心として手ごわいですね。

薬師岳も一番最後に登った100名山として感慨深いです。
たまたま最後になっただけですが(笑)。
周囲の山が少し離れているのか、周囲の山の迫力というよりかは、多くの雪渓を懐に抱えるカール地形が素晴らしかったと思います。

なんか牋象に残った山”、というと、登った山の数だけ出てきそうですね。
300名山巡り、楽しんでください。


ページの先頭へ