また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリその他 > ブラックダイヤモンドのウィペットについて

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:その他

受付終了
緊急度 3その他
ブラックダイヤモンドのウィペットについて
質問2021年01月08日 10:11 (2021年01月09日 18:43更新)
BDのウィペットについてご教授下さい。
当商品には、アルミ(3段、490g。約1.5万円)とカーボン(2段、内、下段のみカーボン、450g。約1.9万円)がありますが、どちらが良いか悩んでいます。
命を預けるものですので、1本4000円の差額は検討外です。
使い勝手と強度について、どちらが良いかということです。
強度がすばらしくても使い勝手が悪すぎて使用を控えるようならば、結局意味がありませんので、使い勝手も重要視しています。

以下、現状で私が知りたい情報を列記致します。これ以外で重要な情報があれば合わせてご教授いただけると嬉しく思います。定性的な情報、感想なども大歓迎です。

1. 岩や氷にシャフトの横から打ち付けた場合の強度。
通常、このような場合、アルミは曲がったりへこんだりしても、だましだまし使用が可能ですが、カーボンは閾値を超えた力では一気に破断すると認識しています(強度的に、低弾性カーボン>高弾性カーボンなので、この商品は厚めの低弾性で作っていると推測)。ただ、カーボンの厚さや種類によって閾値は変わってきますので、当商品(アルミ、カーボンとも)の実際の使用での耐性というか強度を知りたいです。
ガシガシ打ち付けても問題ないとか、どういう状況でひびが入ったとか、アルミは大丈夫だったけど、カーボンはダメだったとか、そういった情報があると助かります。

2. 可動部分の差による違いについて
アルミは3段で2箇所、カーボンは2段で1箇所の可動部分があり、この違いによる使用上の問題や強度などが知りたいです。アルミ、カーボンでこの部分の構造は違うと思いますが、その違いによって強度が変わってくるとか、可動部分が3箇所の方が強度的に不利だとか、実際の使用についてはどのような感じなのか知りたいです。

3. 取り回しについて
アルミ3段、カーボン2段の差で、かなり取り回しが変わってくると思います。例えば1段に畳んで使用するようなことが多く、そういった場合、より短い方が取り回しが良く、安全だというようなことがあれば知りたいです。
現状では、個人的には3段の方が良いように感じています。40gの重量差はあまり感じないように思っていますし、降り出し時のバランスもアルミの方が良いように感じました。
やぶこぎなんかは、短くしまえた方が有利ですね。

なお、無雪期のトレッキングポールについては、個人的にはアルミ信奉者です。無雪期用はカーボンが薄く作られているからだと思いますが、横方向は著しく弱く、縦方向でも1年ほどで手元近くが縦に破断しました。もっと低弾性カーボンを厚めにすれば強度があがるのでしょうが、アルミよりも重くなり、カーボン使用の意味がなくなるのだと思います。この辺は「カーボン=素晴らしい素材」、「新しい素材>従来の素材」 といった一般的な価値観からメーカーがカーボンへシフトしている可能性もあるように思います。

こういったことを考えると、私的にはアルミ>カーボンかなあ・・・という感じで、ウィペットもアルミを検討していますが、なぜかカーボン使用者が多いです。ですので見落としていることがあるのかと不安になっています。

皆様の情報をお待ちしております。

心の声:冒頭に価格の差は・・・と言っておいてなんですが(^^;)・・・それにしても高いですよねえ・・・・。この商品・・・。
回答2021年01月09日 14:41 (2021年01月09日 18:43更新)
自分も昨年購入したのですが、その際に参考にしたブログのリンクを貼らせていただきます。

http://amatch6.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

http://webnolog.blog.fc2.com/blog-entry-417.html

https://trailwest.net/wipet-pole

3つともアルミ3段を推していたので、アルミを購入しました。
10 ポイント! とても役に立った
お礼 
ご返答ありがとうございます。
大変助かりました。
お陰様でアルミを買う決算がつきました。
今のは3段ですし、取り回しも良いのですし。
ページの先頭へ