ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 倶多楽湖

倶多楽湖(くったらこ)

最終更新者 welcomecat
基本情報
標高 258m
場所 北緯42度30分01秒, 東経141度10分55秒

倶多楽湖の日の出・日の入り時刻

02/23(木) 02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水)
日の出 6時18分 6時16分 6時15分 6時13分 6時12分 6時10分 6時9分
日の入り 17時21分 17時22分 17時23分 17時25分 17時26分 17時27分 17時28分

関連する写真リスト

倶多楽湖
倶多楽湖
倶多楽湖
倶多楽湖で星
奥は倶多楽湖

山の解説 - [出典:Wikipedia]

倶多楽湖(くったらこ)は、北海道白老郡白老町にあるカルデラ湖。名前はアイヌ語の「クッタル・ウシ・トー」(イタドリが群生する湖)が由来となっている。
登別温泉東側約2kmの位置にある。支笏洞爺国立公園になっており、気象庁の常時観測火山(活火山)「倶多楽(倶多楽火山)」の一部となっている。周囲約8kmの円い湖で、流入・流出する川がなく水質はきわめて良い。環境省が発表する公共用水域水質測定では毎年湖沼部門の上位に名を連ね、2001年度公共用水域水質測定結果では1位となった。透明度は摩周湖に次いで2位とされている。年間の湖水位変化は1〜2m程度である。また、湖水が地下水として湖底から漏出し、その漏出量は0.44m/sと見積もられている。
冬季は全面結氷することもあり、3月中旬から下旬まで湖面が凍結した状態となる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「倶多楽湖」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ