また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)

最終更新:tabidori
写真一覧へ 「高尾山薬王院有喜寺」 成田山新勝寺、川崎大師平間寺と共に真言宗智山派の三大本山だそうです
 2014年の歩き始めとして、成田山新勝寺から香取神宮まで佐原・香取街道を歩きました。成田空港滑走路の下をくぐって佐原の町と伊能忠敬の足跡を探りました。 http://shiragahimajin.wordpress.com/2014/01/05/佐原・香取街道/
第二日目(11月27日)は勝田台から印旛沼を眺め、佐倉城、本佐倉城を見ながら成田山新勝寺まで歩きました。お土産に成田山の酒長命泉を買って帰りました。 http://shiragahimajin.wordpress.com/2013/10/27/成田街道/
成田山新勝寺 三重塔
基本情報
場所 北緯35度47分09秒, 東経140度19分05秒
駐車場
他の宿泊施設
トイレ
食事

山の解説 - [出典:Wikipedia]



成田山新勝寺(なりたさん しんしょうじ)は、日本の千葉県成田市にある真言宗智山派の寺院であり、同派の大本山のひとつである。山号を成田山、寺号を新勝寺というが、山号を省略せずに呼ぶのが通常で、寺号のみで呼ぶことは少なく、むしろ山号のみで呼ぶことが珍しくない。本尊は不動明王で、当寺は不動明王信仰の一大中心地である。そのため、成田不動お不動さまなどといった通称でも広く親しまれてきた。開山は平安時代中期にあたる天慶3年(940年)と伝えられる。寺紋は葉牡丹。
参詣者数において関東地方屈指の寺である。初詣の参拝客数は、2006年に約275万人、2007年に約290万人を数えており、神社仏閣としては、明治神宮に次ぐ全国第2位(千葉県内第1位)、仏閣に限れば全国第1位である。現在ではおおむねこの順位を維持しているが、以前は神社仏閣として川崎大師に次ぐ全国第3位であった。今も昔も加持祈祷のために訪れる人が多いことでも知られる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「成田山新勝寺」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  35    3 
2018年05月19日(日帰り)
房総・三浦
  27    3 
2018年05月04日(日帰り)
房総・三浦
  19    27  2 
shibawannko, その他1人
2018年04月14日(日帰り)
関東
  17    1 
2018年02月11日(日帰り)
関東
  4    12 
2018年01月03日(日帰り)
関東
   
rumba1008, その他1人
2017年11月12日(日帰り)
房総・三浦
  26    8 
2017年05月20日(日帰り)
関東
  16    21  6 
2017年01月03日(日帰り)
関東
  178    8 
2016年12月25日(日帰り)
ページの先頭へ