また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

氷川神社(ひかわじんじゃ)

最終更新:chakayaan
基本情報
標高 13.5m
場所 北緯35度54分59秒, 東経139度37分47秒
武蔵一ノ宮、かつては氷川神社の参道が中山道だった。寛永5年(1628)に西寄りに道が変わった。
駐車場
トイレ
水場

山の解説 - [出典:Wikipedia]

氷川神社(ひかわじんじゃ)は、埼玉県さいたま市大宮区高鼻町にある神社。式内社(名神大社)、武蔵国一宮または三宮、勅祭社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宮中の四方拝で遥拝される一社。
東京都・埼玉県近辺に約200社ある氷川神社の総本社である。他の氷川神社と区別する際は「大宮氷川神社」とも呼ばれる。
埼玉県・東京都の荒川流域、特に旧武蔵国足立郡を中心にして氷川信仰に基づく氷川神社が多数分布しており、当社はその中心である。さいたま市「大宮」の地名は、当社を「大いなる宮居」と称えたことに由来する普通名詞から転じたものである。埼玉県周辺の広域から参拝者を集め、正月三が日の初詣の参拝者数(警察調べ)は全国10位以内に数えられる。特に全国的に初詣客が増加した2008年(平成20年)以降は毎年200万人以上が訪れている。
神社の境内は、見沼(江戸時代中期まで存在した広大な沼)の畔に立ち、もとは見沼の水神を祀っていたと考えられている。神社の南側に広がる神池(かみいけ)は、神社の西側から涌き出た地下水が溜まったものであり、かつて見沼の一部であった。神社に隣接する埼玉県営大宮公園は、明治期に神社周辺の森を取得して整備したものであり、神社のある小山を見沼の入江が囲んでいた、という地形の特徴をよく保存している。
大宮の氷川神社、見沼区中川の中氷川神社(現 中山神社)、緑区三室の氷川女体神社は、いずれも見沼の畔にあり、かつ一直線に並んでいる。この三氷川とかつて大宮の氷川神社境内にあった三社(男体社・女体社・簸王子社)がよく混同されるが、別のものである。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「氷川神社」 に関連する記録(最新10件)

関東
  148    6 
2018年09月23日(日帰り)
関東
  118    5 
2018年09月16日(日帰り)
関東
   2 
2018年03月24日(2日間)
関東
  30    4 
yamasky72, その他10人
2018年02月11日(日帰り)
未入力
  
2017年04月19日(日帰り)
未入力
  
2017年04月09日(日帰り)
関東
  20    34 
2017年03月30日(日帰り)
関東
  25    37 
2017年03月25日(日帰り)
関東
  8    8 
2017年03月25日(日帰り)
ページの先頭へ