また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

最終更新:hongawaSIK
阿曽原温泉小屋に到着。ここも高熱隧道の面影が濃い。小屋も昔の小屋跡に建つ。
行き違い点のホーム跡2を過ぎて高雄山隧道を過ぎて、旧ホーム跡3。詳細を知りたい。
山中隧道入口 左奥はスイッチバックの折り返し線跡で、その奥は折り返し線用のトンネル(行き止まり)です。
隧道のすぐ横に踏み跡があり、見上げると避難小屋?らしきものがありましたが、怖くて中に避難できません。
鉄骨1F2F部を残して上部分が「泡(ほう)雪崩」で奥鐘山西壁へ吹き飛ばされ激突(小説「高熱隧道」より) 志合谷宿舎跡は今も現場にあるそうです。
基本情報
場所 北緯33度41分16秒, 東経133度18分08秒
危険個所 崩落の可能性あり
展望ポイント 隧道跡(土砂崩れにより埋没)

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「隧道跡(大森側)」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ