ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 金鶏山

金鶏山(きんけいさん)

最終更新者 taku-jiro
基本情報
標高 98.6m
場所 北緯38度59分36秒, 東経141度06分32秒
国土地理院地図では三角点の標高が98.1mとなっています。
山頂

金鶏山の日の出・日の入り時刻

02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木)
日の出 6時14分 6時13分 6時11分 6時10分 6時9分 6時7分 6時6分
日の入り 17時25分 17時26分 17時27分 17時28分 17時29分 17時30分 17時31分

金鶏山 (標高98.6m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
3.9
平均気温
-0.5
最低気温
-4.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 4.1 時間/日
降水量 1.7 mm/日
最深積雪 26 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

金鶏山(きんけいざん、きんけいさん)

  1. 岩手県西磐井郡平泉町にある山。本項で詳述。

  2. 宮城県登米市にある標高72mの山。

  3. 群馬県富岡市にある標高856mの山。妙義山の一つ。




金鶏山(きんけいざん、きんけいさん)は、岩手県西磐井郡平泉町にある山。
国の史跡。2014年3月18日には「おくのほそ道の風景地」の一つとして国の名勝に指定された(10県13か所一括指定されたうちの一つ)。
中尊寺と毛越寺のほぼ中間に位置する都市平泉の空間設計の基準となった信仰の山である。奥州藤原氏3代秀衡が、宇治の平等院を模して建立した無量光院の西側に一晩で築かせたとの伝説が残る。名称は山頂に雄雌一対の金の鶏を埋めたことにちなむと伝わる。標高は98.6m。
伝説の金鶏を求めて1930年(昭和5年)に頂上付近が盗掘された際に、経塚であったことを示す銅製経筒や陶器の壺・甕などが掘り出されている。2005年(平成17年)2月22日付けで国の史跡に指定された。
麓には藤原三代の位牌、秀衡の木像などが安置されている千手堂、源義経妻子の墓と伝えられる五輪塔、平泉文化遺産センター、花立廃寺跡(特別史跡)がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「金鶏山」 に関連する記録(最新10件)

東北
  19   
naoreco, その他1人
2016年05月04日(日帰り)
東北
  20    17 
taku-jiro, その他3人
2013年02月11日(日帰り)
東北
  
2012年10月07日(日帰り)
栗駒・早池峰
  47    8 
2012年05月23日(日帰り)
ページの先頭へ