ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 大神神社

大神神社(おおみわじんじゃ)

最終更新者 higashino9
基本情報
場所 北緯34度31分43秒, 東経135度51分10秒
トイレ
展望ポイント

大神神社 (基準標高147.1m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
23.7
平均気温
17.4
最低気温
11.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6 時間/日
降水量 4.5 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大神神社(おおみわじんじゃ)は、奈良県桜井市三輪にある神社。式内社(名神大社)、大和国一宮、二十二社(中七社)。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
別称を「三輪明神」・「三輪神社」とも。
神武東征以前より纏向一帯に勢力を持った先住族である磯城彦が崇敬し、代々族長によって磐座祭祀が営まれたとされる、日本でも古い神社の一つで、皇室の尊厳も篤く外戚を結んだことから神聖な信仰の場であったと考えられる。旧来は大神大物主神社と呼ばれた。
三輪山そのものを神体(神体山)としており、本殿をもたず、江戸時代に地元三輪薬師堂の松田氏を棟梁として造営された拝殿から三輪山自体を神体として仰ぎ見る古神道(原始神道)の形態を残している。三輪山祭祀は、三輪山の山中や山麓にとどまらず、初瀬川と巻向川にはさまれた地域(水垣郷)でも三輪山を望拝して行われた。拝殿奥にある三ツ鳥居は、明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものである。三つ鳥居から辺津磐座までが禁足地で、4世紀後半から6世紀前半までの布留式土器や須恵器・子持勾玉・臼玉などが出土した。三輪山から出土する須恵器の大半は大阪府堺市の泉北丘陵にある泉北古窯址群で焼かれたことが判明した。
摂社の檜原神社は倭姫命が天照大神を磯堅城の神籬を立てて磯城の厳橿の本にはじめて宮中の外に祀った「倭笠縫邑」の地であると伝えられ、元伊勢の始まりの地となっている(垂仁記二十五年三月条)。また、作者不詳の能「三輪」ではキリ(終りの部分)の歌に「思えば伊勢と三輪の神。一体分身の御事。いわくら(磐座・言わくら)や」の言葉があり、伊勢神宮の元であることが伺える。
全国各地に大神神社・神神社(美和神社)が分祀されており、既に『延喜式神名帳』(『延喜式』巻9・10の神名式)にも記述がある。その分布は、山陽道に沿って播磨(美作)・備前・備中・周防に多い
近年、大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の1つに数えられている。
大神大社には平等寺、大御輪寺、浄願寺(尼寺)という三つの大きな神宮寺があったが、明治時代に行われた廃仏毀釈で三寺全てが廃寺となった。しかし、昭和52年(1977年)に平等寺は曹洞宗の寺院として再興された。
例年11月14日に行われる醸造安全祈願祭(酒まつり)で拝殿に杉玉が吊るされる、これが各地の造り酒屋へと伝わった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大神神社」 に関連する記録(最新10件)

近畿
  4  10 
happy68, その他1人
2017年05月05日(日帰り)
近畿
  3   1 
2017年05月04日(日帰り)
近畿
  39    1 
2017年05月03日(日帰り)
近畿
  19    4 
2017年05月03日(日帰り)
近畿
  84    17  2 
2017年04月29日(日帰り)
近畿
  19    11 
myogo53, その他5人
2017年04月02日(日帰り)
近畿
  82     35 
2017年03月19日(日帰り)
近畿
  6    3 
mijinco, その他4人
2017年03月18日(日帰り)
ページの先頭へ