また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

十勝三股盆地(とかちみつまたぼんち)

最終更新:welcomecat
基本情報
標高 660m
場所 北緯43度31分47秒, 東経143度09分06秒
実は十勝三股盆地は、太古には支笏湖のようなカルデラ湖だった所です。およそ50万年前、ここにあった火山が大爆発を起こして山体が吹き飛び、直径約10kmの「十勝三股カルデラ」が出現しました。そしてそこに水が溜まってカルデラ湖となっていましたが、その後のニペソツ火山群の火山活動による高温の火砕流の突入堆積で完全に埋まってしまいました。広大な盆地状となった大地には徐々に植物が勢力を拡大し、やがて現在のような大樹林地帯へと変貌を遂げたのです。

近代になり、あたかも枯渇することの無い林業資源であるかのように認識されたこの大樹林地帯は、特に戦後の木材需要で林業、鉄道、関連サービス業などが盛んになり、一時は十勝三股駅(海抜約660m)を中心に400戸1500人の大型集落にまで発展したのです。しかしその林業も現在は衰退し、国道273号線の開通で鉄道は廃線となり、二戸が残るのみで廃墟と土場跡が深い森の中に飲み込まれつつあるような状況です。三国峠から見る広大な十勝三股盆地の国有林は、あたかも何事も無かったかのように穏やかで静かに感じられました。
 
食事 三股山荘(喫茶店)

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「十勝三股盆地」 に関連する記録(最新10件)

ページの先頭へ