また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

児玉男体山(こだまなんたいさん)

最終更新:japanet
写真一覧へ 写真一覧へ 児玉男体山の分岐。
児玉男体山の山頂。
児玉男体山の山頂。
基本情報
標高 406m
場所 北緯36度08分54秒, 東経139度05分48秒
 (児玉)男体山は、明治期に編纂された「武蔵国郡村誌」の児玉郡河内(こうち)村の条にその名が記されている。このあたり一の名山で、山頂は神域となっており、村人が参道を整備していたとのこと。もともとは、河内村の雨乞山だったと思われるが、関東平野を隔て、日光男体山に対峙する富士山型の山であることから、誰かが「俺らの男体山と呼ぼう」と言ったため、男体山と呼ばれるようになったという話が周辺の集落に伝わっている。
 表参道(写真一覧の図を参照)は、新屋敷集落にある木工所の北側の橋を渡り、廃林道を経て東側の尾根をたどっている。この山のみなら、集落から2時間で往復することが可能。また、山頂を越して河内ハイキングコースにつながる尾根に容易に達することができるので、河内ハイキングコースと組み合わせて歩くことを推奨したい。
山頂

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「児玉男体山」 に関連する記録(最新10件)

奥武蔵
  224    39  3 
2017年07月09日(日帰り)
奥武蔵
  42    33 
2016年04月16日(日帰り)
関東
  28    9 
2015年03月07日(日帰り)
関東
  14     3 
japanet, その他30人
2015年02月28日(日帰り)
ページの先頭へ