ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 室浜砲台跡

室浜砲台跡(むろはまほうだいあと)

最終更新者 navecat
基本情報
標高 30m
場所 北緯34度16分55秒, 東経132度17分13秒
明治31年(1898年)着工、明治37年(1904年)備砲完了。広島は呉をはじめとする陸海軍の重要施設や、多数の艦船の泊地であり、これらを防衛するため広島湾を取り巻く要塞の一環として作られたものである。フランス・シュナイダー社製斯加式9cm速射加農砲が4基すえられていた。最大射程距離は6,850mであった。
日露戦争終結までに実戦を経ることなく豊予、下関砲台などの完成により広島湾要塞はその役割を終え、大正15年廃止、内務省に移管。昭和38年、広島大学理学部附属自然植物園の所管となる。

室浜砲台跡の日の出・日の入り時刻

02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水) 03/02(木)
日の出 6時46分 6時44分 6時43分 6時42分 6時41分 6時40分 6時38分
日の入り 18時4分 18時5分 18時6分 18時7分 18時7分 18時8分 18時9分

室浜砲台跡 (標高30m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
10
平均気温
5.1
最低気温
0.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 5 時間/日
降水量 2.6 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

明治の戦争遺跡、室浜砲台跡 隣接する広大植物実験所から 宮島桟橋まで舗装路です。     
室浜砲台跡は右方向
室浜砲台跡。日露戦争の名残です。
室浜砲台跡 日露戦争で使用
室浜砲台跡です。第二次世界大戦の時代のものかと思っておりましたが、日露戦争時代のものでした。砲台は明治31年着工、宣戦布告は、明治37年だそうです。フランスシュナイダー社製のもので、実戦には使われ無かったそうな・・・

付近の山

この場所を通る登山ルート

「室浜砲台跡」 に関連する記録(最新10件)

中国
  24    15 
2017年02月16日(日帰り)
中国
  61    73  10 
hobbit, その他1人
2016年12月18日(日帰り)
中国山地西部
  44     259 
navecathobbit, その他1人
2016年12月11日(日帰り)
中国山地西部
  65     259 
2016年11月06日(2日間)
中国
  34     32  4 
ht250514, その他2人
2016年10月29日(日帰り)
中国
  17    9 
ucchysnow, その他14人
2016年10月15日(日帰り)
中国
  22    17  8 
ht250514, その他3人
2016年09月24日(日帰り)
中国
  34    13 
2016年07月16日(日帰り)
中国
  68     21  6 
2016年06月18日(日帰り)
ページの先頭へ