また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

最終更新:higashino9
●松尾大社 (嵐山宮町) 祭神は、 「大山咋神(オオヤマクイノカミ)」 「市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)」 大宝元(701)年、 秦忌寸都理(ハタノイミキトリ)が、 松尾山大杉谷の 磐座(イワクラ)の 神霊を勧請して 社殿を造営。 平安遷都後は、 賀茂社と共に 王城鎮護の神となり、 ・賀茂の厳神(ゲンシン) ・松尾の猛霊(モウリョウ) と称された。 寛弘元(1004)年、 一条天皇の行幸以来、 度々 歴代天皇の 行幸があった。 古来、 酒の神として 信仰を集め、 境内の霊泉 「亀の井」の水を 醸造時に混ぜると 酒が腐らないと伝える。 応永4(1397)年 ・建築の本殿は重文で、 天文11(1542)年 ・大修理を行い 両流造(リョウナガレヅクリ) の珍しい形式。 宝物館には、 神像彫刻の重文、 「男神・女神像」 が安置されている。
基本情報
標高 2m
場所 北緯23度50分36秒, 東経120度58分02秒
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「水社大山」 に関連する記録(最新10件)

アジア
  18    12 
2016年05月15日(日帰り)
ページの先頭へ