また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

赤沢自然休養林(あかざわしぜんきゅうようりん) / 赤沢美林

最終更新:yoshiyan
赤沢自然休養林
赤沢自然休養林
赤沢自然休養林
赤沢自然休養林入口の紅葉
赤沢自然休養林 コースマップ
基本情報
場所 北緯35度43分59秒, 東経137度37分30秒
駐車場
トイレ
水場
食事
バス停

山の解説 - [出典:Wikipedia]

赤沢自然休養林(あかさわしぜんきゅうようりん)は、長野県木曽郡上松町にある林野庁中部森林管理局管轄の国有林であり、それに付随する公園地の名称である。赤沢美林ともいう。樹齢300年を超える木曽ヒノキの天然林があり、2001年(平成13年)に環境省のかおり風景100選に、2006年(平成18年)に林野庁の森林セラピー基地に指定されている。現在、平均利用者数は年間10万人。
日本における森林浴発祥の地とされる。もともとは伊勢神宮などの御神木・建築用材を産出する森林地であり、近世は全国の城郭建設資材の供給地から尾張藩の厳しく管理する留山となり、明治以降皇室財産の御料林(のちに神宮備林)、戦後は1947年(昭和22年)林政統一により国有林に編入。永年に渡り木材を出荷していたが、外材の輸入増加にともなう林業の不振により、全国初の自然休養林として公園に変更する。全8つの森林浴コースが開放されており、車椅子やベビーカーでも散策可能な「ふれあいの道」から、公園外周をつなぐ7-10kmのコースなど、バリエーションに富む。
森林を構成する樹種は、木曽ヒノキを中心とした針葉樹。ヒノキの他にサワラ、ネズコ(クロベ)、アスナロ(ヒバ)、コウヤマキなどが分布する。樹齢は平均300年と推定されるが、これは江戸時代の文献や、倒木の年輪の調査を重ねて算定された。近年、この一帯のヒノキ林はアスナロ林への遷移が危惧されている。
なお林班図によると、カラマツやスギは植林木が点在するのみで、天然更新樹はほとんどみられない。
森林の標高は1,080-1,558m、面積は728ha。年間平均気温は8℃で、夏季は爽やかな涼しさが楽しめる一方、冬季は内陸性気候特有の厳寒に見舞われる。積雪は1mを超えることもあり、冬季間の散策は困難。
園内では木曽森林鉄道の車両や資料が保存されている。1985年(昭和60年)、神宮式年遷宮御杣始祭の運行(御用材運搬に活用)が放映されて話題となり、1987年(昭和62年)から週末などの乗車体験が可能となった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「赤沢自然休養林」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  23  
kikiririelel, その他2人
2017年11月04日(日帰り)
甲信越
  
2017年11月04日(日帰り)
甲信越
  19    13 
2017年11月01日(日帰り)
東海
  48    15 
2017年10月26日(日帰り)
甲信越
  11     7 
2017年10月13日(日帰り)
中央アルプス
  21    4 
2017年10月09日(日帰り)
甲信越
  36    1 
barasan, その他4人
2017年10月01日(日帰り)
甲信越
  30    11 
yoshiyan, その他1人
2017年05月05日(日帰り)
甲信越
  8    1 
y605dake, その他2人
2016年10月29日(日帰り)
甲信越
  91     36  4 
1q84, その他2人
2016年10月23日(日帰り)
ページの先頭へ