また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

伊勢国分寺跡(いせこくぶんじあと)

最終更新:umisama
石薬師寺高校の北側を通過 伊勢国分寺跡へ向かう
結局、国道1号線・東海道に戻ってきた 伊勢国分寺跡と鈴鹿市考古学博物館はスルーすることに
基本情報
場所 北緯34度54分32秒, 東経136度33分49秒

山の解説 - [出典:Wikipedia]

伊勢国分寺跡(いせこくぶんじあと)は、三重県鈴鹿市国分町にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。
奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、伊勢国国分僧寺の寺院跡にあたる。本項では、伊勢国分尼寺の推定地についても解説する。
三重県北部、鈴鹿川左岸の段丘台地上に位置する。聖武天皇の詔で創建された国分僧寺の遺構に比定され、東側の国分町集落の辺りの国分遺跡には国分尼寺跡が推定される。付近では、古代東海道およびその河曲駅家の存在も推定される。奈良時代中頃の伊勢国府は南西約7キロメートルの長者屋敷遺跡(鈴鹿市広瀬町・西富田町、史跡「伊勢国府跡」)に比定され、当時の国府・国分寺はそれぞれ鈴鹿郡・河曲郡と異なる郡域に立地していた。
寺域は1922年(大正11年)に国の史跡に指定された。1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)までには35次にわたる発掘調査が実施されており、その後は現在までに史跡整備が進んでいる。その調査により、金堂・講堂・僧坊など多くの主要伽藍(塔を除く)の遺構が判明しているが、加えて寺域内で別に区画された区域(院)を持つ点が、他の国分寺とは異なる特色として注目される。
なお周辺では、僧寺跡の南側において河曲郡衙跡と推定される狐塚遺跡や、南東側において白鳳寺院の遺構である南浦遺跡(大鹿廃寺跡)が立地している。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「伊勢国分寺跡」 に関連する記録(最新10件)

御在所・鎌ヶ岳
  132    15  6 
2017年11月03日(日帰り)
ページの先頭へ