また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

豊後峰(ぶんごほう)

最終更新:chipstar-green
林道の右側には、「豊後峰」の案内。
大船山を無事下山して、再スタートは、九折登山口から、傾山に挑みます。 大分県緒方町(現・豊後大野市)と宇目町(現・佐伯市宇目)との境にある山で、祖母・傾山地の東の雄。南面は宮崎県境となっている。そそり立つ岩峰群は、この山のシンボルでもあり、西に君臨する山群の盟主、祖母山と人気を分ける。  地質的には秩父古生層で、新第三紀の火山活動による祖母山火山岩類が主として多い。一部には見立礫岩層など古第三紀のものも見られ、さらに阿蘇火山の噴出物の堆積もあり、全体的に複雑な地質構造となっている。
あけましておめでとうございます。 年末年始遠征六日目、元旦登り初めは、九州の富士山、大分別府の豊後富士こと、由布岳へ正面登山口から、御来光登山に挑みます。 大分県湯布院町(現・由布市湯布院町)と別府市との境にある山。  双耳の岩峰を東西に突き上げるようにして屹立する姿は、古代から神います山としてあがめられ、数多くの伝説や物語が残されている。また『豊後風土記』には「柚富峰」として記され、『万葉集』には「木綿山」として詠われている。そのシンボリックな山容から、「豊後富士」の愛称がある。大分県の名峰の1つで、登りやすいこともあって、九重連峰に次いで根強い人気がある。
基本情報
標高 333m
場所 北緯34度00分49秒, 東経132度01分34秒
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「豊後峰」 に関連する記録(最新10件)

ページの先頭へ