また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

杉谷洞(すぎたにぼら)

最終更新:nagara
基本情報
標高 1221m
場所 北緯35度56分39秒, 東経137度04分02秒
杉谷洞は、清見町大原地区の西に位置する三等三角点峰の点名である。
ガイド本やネット上にも殆ど登場する事が無く、稀に岐阜の藪山愛好家に細々と登られていた秘峰的存在である。
しかし、テレビの地上デジタル放送化に伴い、電波状況が不安定な山麓の大原地区に放送を供給するため、山頂に巨大アンテナが設置された。登山者が殆どいないうえ、地形図上にも記載されていないので、意外と知られていない。
基本的に登山道が無い藪山だが、大原地区の472号と257号のT字路の西辺りから派生する尾根上に、上記のアンテナから集落までケーブルが埋設されている。よってこの尾根上に作業道らしき踏み跡があり、ある程度利用出来る。それ以外の尾根も大した藪は無いので、山慣れた向きには手頃なフィールドである。
但し、美濃(明宝側)は上部まで植林や伐採地であるうえ、急峻で適当な駐車地点も無い。逆に飛騨(清見側)は坂本トンネル〜道の駅まで駐車位置は豊富で、どの尾根も上部は自然林が残り気持ちが良い。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「杉谷洞」 に関連する記録(最新10件)

記録が登録されていません。
ページの先頭へ