また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

二ツ岳(ふたつだけ)

最終更新:bergheil
基本情報
標高 1647m
場所 北緯33度53分16秒, 東経133度25分22秒
カシミール3D
四国 石鎚山脈から東に延びる法皇山脈中の一峰。
ふもとの新居浜市や四国中央市側からは、エビラ山にかけての
ごつごつした稜線が特徴的に見える。

二ツ岳からエビラ山、権現山にかけての稜線は、角閃岩で構成されているため、
四国には珍しく、岩場が続く険しい稜線である。

登山道は、北側の四国中央市(旧 土居町)より中の川林道を車でさかのぼり、
標高500m付近の登山口より登りはじめ、ガゾウ越という峠より西へ稜線を登り
山頂に至るルートがある。途中に「鯛の頭」と呼ばれる顕著な岩峰がある。
ガゾウ越までは、南側、銅山川の谷(旧別子山村)からも登れる。
二ツ岳までの登りは、岩場混じりの登山道であるが、道ははっきりしている。

二ツ岳の山頂は、2つの大きな岩峰で構成され、山頂部は狭い。

なお、二ツ岳からエビラ山を越えて、権現山までの縦走路は、
灌木混じりの険しい岩場のアップダウンが続き、
道形も不明瞭であり、上級者向きである。
縦走路では、たまに転落事故も起きている。

【参考文献】
 ・「新・分県登山ガイド 愛媛県の山」 山と渓谷社 刊(2004)
 ・「赤石山系の自然」 伊藤玉男氏 著 (1971)
山頂

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「二ツ岳」 に関連する記録(最新10件)

四国
  40     33 
2021年02月23日(日帰り)
四国
  31     14 
chao3, その他1人
2021年01月01日(3日間)
四国
  37    15 
2020年11月21日(2日間)
四国
  25    8 
coco-haru, その他4人
2020年11月12日(日帰り)
四国
   1 
2020年09月21日(日帰り)
石鎚山
  40     29  2 
2020年09月19日(3日間)
四国
  50    15 
2020年05月29日(日帰り)
四国
  16    6  1 
2020年05月02日(日帰り)
四国
  2   11 
2019年12月14日(2日間)
石鎚山
  381     32  5 
nekojigenkirichan57, その他1人
2019年11月03日(2日間)
ページの先頭へ