ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > レイヤリング

レイヤリング(れいやりんぐ)

最終更新:2015-06-20 21:55 - gutenmrgen
基本情報
山行において、体温調節のために防寒具やレインスーツなどを含むウェア(山服)を組み合わせて、体感温度や運動強度に適した服装にすること。

ベースレイヤー、ミドルレイヤー(ミッドレイヤー)、アウターレイヤー、アクセサリーなどに分類される。

登山では、できるだけ汗をかかず、なおかつ寒さを感じない程度の快適な服装が求められ、運動強度や気温、標高、天候の変化に合わせてレイヤリングを調整する必要がある。

関連する写真リスト

護人清水 水補給とレイヤリング調整
1合目の伊吹高原荘。体が温まってきたのでレイヤリングを調整。
ブナ坂に到着〜。ここからは稜線歩きなのでアウター装着〜♪この時期ってレイヤリング難しい〜(^_^;)
7:00出発! レイヤリングはミッドレイヤー(フリース)とソフトシェル。
おぉ〜♪キレイな景色に溶け込むおしゃれzawa♪見るたび頭の被りモノが違うのにはビックリ!(笑)(k) まあ、上流階級ですからねぇ!(鎌) いやいや、だからこめまなレイヤリングをだね… (ざ)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

登山(とざん)とは、山に登ること。
古くは宗教的な意味を込めて山に登ったり、戦争など何らかの必要性から山を越えることはあったが、現代ではこの他にそれ自体が目的となったスポーツ、娯楽として、広範な人々に親しまれている。また、職業として登山を行う人も生まれている。
西欧語の alpinism は「近代登山」と訳されるが、これは山に登ること自体に喜びを見出し、登山が精神や肉体に与えるものを重視し人生のうるおいとすることを目的にする。それ自体が目的となっている点でスポーツの一種であり、現代的な意味での登山の対象は、簡単に登ることができる近隣の丘陵からヒマラヤ山脈まで様々である。

「レイヤリング」 に関連する記録(最新3件)

栗駒・早池峰
  13    21 
tel311, その他1人
2017年05月09日(日帰り)
支笏・洞爺
  54    15  2 
Ponytail, その他1人
2017年05月08日(日帰り)
北陸
  29    16 
2017年05月03日(2日間)
ページの先頭へ