また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

吹雪(ふぶき)

最終更新:2015-06-20 21:29 - gutenmrgen
基本情報
吹雪(ふぶき)は、降雪中の雪や積雪した雪が、強い風によって空中に舞い上げられて、視界が損なわれている気象状態のこと。降雪がない場合には地吹雪(じふぶき)と呼ばれる。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

吹雪(ふぶき)は、強風で地表に積もった雪(積雪)が舞い上がると同時に、雪が降っていて視程が悪くなっている気象状態。
激しい吹雪が起こると、雪が視界を遮ったり太陽光が遮られたりし、見通しがきかなくなったり視野が真っ白となったりする。極端な場合には視界すべてが真っ白なホワイトアウトと呼ばれる状態になる。見通しがきかないので、自動車や鉄道、飛行機など交通機関の通行・運行に多大な影響が出る。吹雪が起こる地域ではこれを防ぐため、道路などの脇に防風林を設置して雪が道路上に舞い上がらないようにしているところもある。北海道などの寒冷地の鉄道では、線路上に雪が積もらないよう吹き飛ばすための防雪棚(雪垣)が線路脇に設置されている。
建築物や地形、積雪などの風下側では風がよどみ舞い上がった雪が堆積し、これを吹き溜まりと呼ぶ。気候条件によっては短時間に多量の雪が堆積することがあり、前述のホワイトアウト現象と共に起こることが多く、注意が必要である。
また、冬は晴れていても日照時間が短いことに加え、吹雪によって太陽光が遮られると、朝は遅くまで、夕方は早くから暗くなってしまう。
なお、風雪とは飛雪の有無に関わらず強風で雪が横なぐりに降っている気象状態をいう

「吹雪」 に関連する記録(最新3件)

四国
  147    1 
2020年04月09日(日帰り)
関東
  125   10 
2020年04月09日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  83     42 
2020年04月09日(日帰り)
ページの先頭へ