また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ステンレス(すてんれす)

最終更新:2015-10-11 22:11 - gutenmrgen
基本情報
アイゼン(クランポン)などに使われる金属材料

鉄を主成分(50%以上)とし、クロムを10.5%以上含み、サビにくさを特徴とした合金鋼である。含有するクロムが空気中で酸素と結合して表面に不動態皮膜を形成することにより、耐食性が高くなる。

名前の由来は ステイン(Stain=汚れ)レス(less=ない)という意味

関連する写真リスト

ステンレス版
ステンレスの鳥居
ステンレスのオブジェ
ステンレスの階段。
ステンレスの登山ポスト

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ステンレス鋼(ステンレスこう、)とは、鉄に一定量以上のクロムを含ませた、腐食に対する耐性を持つ合金鋼である。規格などでは、クロム含有量が 10.5 %(質量パーセント濃度)以上、炭素含有量が 1.2 % 以下の鋼と定義される。単にステンレスとも呼ばれ、かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。1910年代前半ごろに発明・実用化された。
ステンレス鋼の腐食に対する耐性(耐食性)の源は含有されているクロムで、このクロムによって不働態皮膜と呼ばれる数ナノメートルの極めて薄い皮膜が表面に形成されて、金属素地が腐食から保護されている。不働態皮膜は傷ついても一般的な環境であればすぐに回復し、一般的な普通鋼であれば錆びるような環境でもステンレス鋼が錆びることはない。ただし、万能な耐食性を持つわけではなく、特に孔食、すきま腐食、応力腐食割れといった局部的な腐食は問題となり得る。特に塩化物イオン環境には注意を要する。また、ステンレス鋼は高温腐食に対しても耐性が高く、耐熱鋼としても位置づけられる。
一口にステンレス鋼と言っても、実際には多様なステンレス鋼の種類が存在しており、耐食性がより高い鋼種、高強度な鋼種、磁性を持つ鋼種、非磁性(常磁性)の鋼種、極低温でも脆化しない鋼種などがある。特に主要金属組織をもとにして「オーステナイト系ステンレス鋼」「フェライト系ステンレス鋼」「マルテンサイト系ステンレス鋼」「オーステナイト・フェライト系ステンレス鋼」「析出硬化系ステンレス鋼」の5つで大別されている。クロム以外にも、ニッケルを筆頭に、特性向上のために様々な元素が添加される。
ステンレス鋼の製造上は、炭素の効率的な除去が特に重要なポイントとなる。成形、溶接、切削といった加工上も、普通鋼とはいくらか異なる面がある。日用品から産業用に至る幅広い分野でステンレス鋼が使われており、耐食性により金属素地を露出して利用可能なため、意匠的な利用も多い。

その他の用語

アイスキャンディ 赤テープ 東屋 アプローチ 石車 行って来い イワイワ インクライン 浮き石 UL 駅からハイキング エスケープルート 枝道 堰堤 往還 奥の院 温泉 カーボン 下降点 滑落 カモシカ山行 乾燥室 関東ふれあいの道 ガスガス がっかり山頂 ガッツリ キャンプ指定地 キャンプ場 鎖場 クロモリ グラベル グロナス ケーブルカー けもの道 ケルン コーラ コール 高山病 行動食 ゴア 御朱印 ご来光バス 逆さ富士(逆さ○○) 砂防ダム 三角点 山岳保険 山行 山座同定盤 ザイル祭 しぶり腹 車中泊 シャトルバス シャリバテ 秀麗富嶽十二景 狩猟期間 食害 神木 森林セラピーロード 直火 自炊場 自生 地蔵 磁北 ジュラルミン 水準点 ステンレス ストレッチ スリーシーズン 前泊 遭難 足底筋膜炎 杣道 ターマック タバスキー 近道 チタン 中部北陸自然歩道 ツイキー 梅雨明け10日 低体温症 鉄塔巡視路 てんくら 天水 デニール 東海自然歩道 凍死 時計回り 登山計画書 登山ポスト トラロープ トンネル 道祖神 道標 ナイトハイク 梨百 日本の滝百選 ヌタ場 熱中症 法面 廃道 ハシゴ場 ハセツネ 花畑 反時計回り 馬蹄形 バディー 馬頭観音 バリエーションルート パッカブル パッキング 避難小屋 火の用心 ヒュッテ ビジターセンター 踏跡 踏み抜き フリース ヘリポート ペミカン 防火帯 房州低名山 マイクロファイバー 巻き道 纏リス 水場 みちびき 道迷い メリノウール 木道 モノレール 山ガール 山ごはん 山並み 山の日 山バッチ 山屋 リフト リングワンダリング 林道 累積標高 ロープウェイ ロープ場 ロッヂ ロング

「ステンレス」 に関連する記録(最新3件)

朝日・出羽三山
  48    17 
renuxus, その他30人
2021年05月09日(日帰り)
日光・那須・筑波
  54    4 
2021年05月08日(日帰り)
日光・那須・筑波
  39    9 
2021年05月08日(日帰り)
ページの先頭へ