また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

スタッフバッグ(すたっふばっぐ)

最終更新:2016-05-16 22:52 - gutenmrgen
基本情報
荷物の整理を目的として、ザックに入れて使う袋

用途上、軽量と防水性が求められる。

語源は英語:Stuff Bag
注)Staff(スタッフ)が使うバックでは無い。

関連する写真リスト

土嚢(スタッフバッグ)を埋めて支点を作ってみる。
大津岐峠では雲の中。サブザックを忘れたが、スタッフバッグに水と食料を入れて、会津駒ヶ岳へ向かう
12:30 3分でドームシェルターを片付け完了。 (畳まなくてもスタッフバッグに詰め込んでOKでした)
イナーシャ・オゾン、空気をきっちり抜くのが難しいです。とりあえず2Lのスタッフバッグ(付属の収納袋より一回り大きい)に入ればokとしますが、あまり空気が残ってると畳んだときに負荷がかかってパンクのリスクが上がる気がします。練習が必要ですねw (画像はちゃんと押しこむ前の状態です)
とぼとぼ下って、やっとテン場着。 長衛小屋は30日から営業予定と書いてあったが、明かりが灯っていた。今日は無料で、明日からテン場利用料取るとのこと。 心配していたトイレが使えて嬉しい。 (翌朝気づいたが、冬期に閉鎖するのは夏用トイレで、冬用は小屋閉鎖時も使える模様(未確認)) テント張るが、風が強く、Oさんはグラウンドシートを、我々はテントのスタッフバッグを飛ばしてしまった。山を汚してすみません。

「スタッフバッグ」 に関連する記録(最新3件)

白山
  79     73  3 
2020年02月11日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  60    50  2 
2019年11月23日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  33    14 
2019年10月20日(2日間)
ページの先頭へ