また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > ガスカートリッジのガス量と燃焼時間についてのエゴセントリックな考察
更新日:2017年05月07日 訪問者数:2643
登山・ハイキング 山道具・装備
ガスカートリッジのガス量と燃焼時間についてのエゴセントリックな考察
tanny
何をもっていかないかという策略
 スノーピーク ソロ セット 焚 を使っているので、ぴったり収まるプリムスの110g缶を愛用している。山行のたびに小さな110g缶では心配で、予備を持参するのが常であった。今回、山行前にアナログなキッチンスケールで重さを量ると、それぞれ145gと125gだった。(缶+ガス)

 今回の山行は、道の駅”みとみ”から雁坂峠へ上がり、奥秩父縦走路を飛龍権現まで、そこから丹波に下りる予定。途中笠取小屋にテント泊の1泊2日。記録ID: 1126517を参照
 夕食は125gの缶を使った。メニューは
1.130gの米を炊飯。
2.”セブンプレミアム 味噌ダレ香る 豚ロース味噌焼”を湯煎で温める。
3.あらびきウィンナー3本
 調理時間は以下の通り
1.米の炊飯…強火5分、弱火20分 
2.豚ロース味噌焼…水沸騰させ、3分湯煎 
3.ウィンナー炒め…3〜5分
翌日朝食で同じ125gの缶を使って湯を沸かしている最中にガス切れ。
つまり
 110g缶は満タンで約210g(缶+ガス、アナログキッチンスケール計量)なので、缶のみの重さは約100gだ。
25gのガスで、今回の夕食1食分の食事ができたというわけだ。
 山行前にガスカートリッジの重さを量ることをお勧めする。
 
訪問者数:2643人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/26
投稿数: 61
2017/5/8 5:02
 重量計測しています
私も重量を量って缶にマジックインクで記載しています。

季節にも依りますが、ジェットボイルで棒ラーメンを煮てお茶を入れて10g程度ガスが必要です。ジェットボイルの100g缶の総重量は200g

アルコールバーナーだと40mlは必要。容器は10g程度。
簡単な料理、湯沸かししか出来ませんが。

短期間で簡単な調理ならアルコールですが、低温と強風には弱いのが困った所です。
登録日: 2009/6/8
投稿数: 22
2017/5/8 12:37
 Re: 重量計測しています
hiroyukikj さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ジェットボイル、アルコールバーナーたいへん参考になります。
登録日: 2014/1/28
投稿数: 20
2017/5/9 20:48
 充填しています
自分は減ってくると市販の3本で298円位の卓上用カセットコンロのガスをプリムス250gの缶へ充填して満杯にして持って行きます  380gになると満タンです
もっともPL法で禁止事項で書いてありますので自己責任になりますが
ページの先頭へ