また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 胃もたれと肥満遺伝子
更新日:2017年08月06日 訪問者数:558
ジャンル共通 技術・知識
胃もたれと肥満遺伝子
n1973
日帰り登山ならさほど気にならないのですが、2日目、3日目と、日が経つにつれて、
胃の調子が悪くなり、食欲が低下して、あっさりした食べ物しか受け付けなくなって。
高山病の一種かもと諦めていたのですが、
肥満遺伝子検査で、脂質を代謝できない体質(UCP1遺伝子が+)だと判明しました。
軽量化のため、カロリー対重量比の高いものを行動食として選ぶと、脂質の割合が高くなりますが、
私には消化できず、胃がもたれていたようです。
そこで、カロリー対重量比がそこそこ高くて、かつ低脂質な行動食を探してみました。
今年の夏山は、低脂質な行動食で、快適な山行ができればと思っています。
「もしかして、私もそうかも?」と思われた方は、
一度、遺伝子検査を受けてみられてはいかがでしょうか?
訪問者数:558人
-
拍手

n1973さんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

このヤマノートはコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ