ヤマレコ

HOME > ヤマノート > OruxMapsはアンドロイドスマホ最強のGPSアプリか?
更新日:2017年09月21日 訪問者数:650
ジャンル共通 IT
OruxMapsはアンドロイドスマホ最強のGPSアプリか?
TrailJoy
1.OruxMapsって何?
最近、山行の時はGPSトラッカーとして[GPS Logger (Basic Air Data)]、地図アプリとして[地図ロイド]の2つをスマートフォンにインストールして使っています。
(こちらにノートあり https://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1798)
特に問題があるわけではないのですが、強いて希望を言えばトラックモニター(地図上で歩いて来た軌跡をリアルタイムに確認する)ができたらいいなあと思って色々物色してみて出会ったのがOruxMapsというアプリです。自転車をやられている人の間ではポピュラーなアプリのようです。自分で作成した地図をオフラインで使えること、予め引いておいたルートをたどってトラッキングできる、GPSログをGPXファイルとして出力できることが特徴のアプリです。その他GPS諸データの表示、記録、グラフ化、トラック編集、ジオイド高補正等、多機能でしかも細かく自分好みに設定できます。このアプリひとつでアンドロイドスマホがGPS端末にすることができます。日本語化もほぼできています。
2.インストールはちょっと注意
OruxMapsをPlayストアで検索すると有料アプリとして出てきます。このアプリはフリーですが、気に入った人には寄付(Donation)を求めているのでGoogleでは有料アプリに分類しているらしいのです。作者のWEBサイトから直接ダウンロードすると取りあえず無料でインストールしてみることができます。

http://www.oruxmaps.com/cs/en/

ここにアクセスしてそのページの真ん中あたりにある[Current version]をタップするとダウンロードされます。なお普通アンドロイドスマホではPlayストア以外からダウンロードしたアプリのインストールをできないように設定してありますので、予めその設定を解除しておく必要があります(これが分からない人はインストールしないほうがいいです)。なお寄付しなくても機能制限等はありません。
3.好きな地図を使う
インストールが完了してアプリを立ち上げると以下のような画面になります。
これはスペインの地図のようです。ここで右側に出ているボタン群の一番上のターゲット模様のボタンをタップすると現在位置をトラッキングします。
するとちゃんと日本の地図が表示されます。この地図は外国製のオンラインマップなのですが、非常によくできた地図で例えばこの写真は大阪と奈良の府県境にある金剛山付近ですが、一般道路だけでなく主要登山ルートが日本語で名称付きで表示されているのです。
このアプリはアプリの機能でオンライン地図を任意の縮尺で切り取ってオフライン地図を作成することができます。ただし先ほどのオンライン地図はオンラインでの利用しかできないように制限されています。また予め設定されているオンライン地図には日本の地図やGoogle Mapが含まれていないので、ちょっと設定ファイルをいじってやる必要があります。

一例として国土地理院のオンラインサービスを利用できるようにしてみます。
ESファイルエクスプローラー等スマホ内のファイルを見つけ編集できるアプリを使って、[OruxMap]>[mapfiles]フォルダー内にある[onlinemasources.xml]というファイルを開き、左記のように書き加えます。
アプリ上部に出てくるメニューの中から地図っぽいボタンをタップすると出てくるプルダウンメニューの中の一番上にある[地図転換]というのが地図を選択するメニューになります。
オンライン地図の一覧の中に国土地理院地形図が加わっています。
国土地理院地形図が表示されました。
先ほどのプルダウンメニューの上から6個目[地図ツール]の中に[地図作成器]というメニューがあります。それを選択してオンラインの国土地理院地形図上で切り取りたい区域をタップして矩形で選択して保存すると地図選択画面のオフライン地図のほうに切り取った地図が入ります。このオフライン地図は山行の時、スマホを機内モードにしてもアプリ内で表示することができ、その上でトラッキングすることができるようになるのです。
4.機能は完璧、だが致命的な問題が!
画面右側に表示されるボタン群の上から2番目、赤い録画風のボタンをタップするとGPSログの記録が開始され、地図上にトラッキングルートが表示されていきます。この線の太さや色も任意に設定することができます。その他、GPSのデータを更新する頻度を時間と移動距離で多段階に設定することができるのでトレッキングの場合、トレランの場合、自転車の場合に合わせて調整できます。また一定時間動かないでいる間はGPSログを記録しないのでGPXファイルに無駄な行が入りません。歩いて来た距離、時間、平均速度、現時点の標高、スタート地点からの標高差等、諸データはリアルタイムでチェックできます。標高はジオイド補正がされており、かなり精度が高いと思われます。

とここまでは今までインストールしてみたGPSロガー、地図アプリに比べて完璧なフリーアプリだったのですが、最初の山行でトライアル利用してみたところ致命的な問題が。それは消費電力が非常に大きいこと。私のスマホでは何と3時間で50%の電力を消費してしまったのです(電池容量2200mAh)。他のアプリをすべて閉じて機内モードで使ってこれですから、途中で写真を撮ったりすれば更に電力消費は進むと思われます。

現在の私の非力なスマホではとても使えないということで泣く泣くアンインストールとなりました。とはいえスマホのGPSアプリとしての完成度がとても高いので紹介しておこうと思い立ってこのノートを作成しました。御参考になれば幸いです。
訪問者数:650人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ