また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 歩きたいところが見える! 美濃の山の地図(国土地理院Web版より)
更新日:2018年07月12日 訪問者数:1210
ジャンル共通 技術・知識
歩きたいところが見える! 美濃の山の地図(国土地理院Web版より)
makobe
◎ 国土地理院Web版でいろいろ試すうちに…尾根と谷がよくわかって自分の歩きたいところが見える地図を見つけました。
・ ポイントは、起伏を示した傾斜量図(国土地理院)です。
 傾斜量図は傾斜の緩やかなところは白く、 反対に傾斜の急なところは黒く表されます。

・ 見方によっては3Dマップよりも、山の特徴や危険箇所がわかりやすいと思います。

( 以下、4月末から3回にわたって、makobeの日記で紹介させていただいたものと同じです。
日記では写真が3枚しか表示できないこと、写真画質が悪く、地図のこまかい雰囲気が伝わりにくいなどの理由で、改めてこのノートに1つにまとめたものです。 )

https://www.yamareco.com/modules/diary/173565-category-1
歩きたいところが見える!その3 ( 標準+色別+傾斜量図の比較 )
歩きたいところが見える!その2 起伏を示した傾斜量図(調整で改善)
自分の歩きたいところが見える!起伏を示した傾斜量図(国土地理院)

・ 地理院地図 電子国土Web
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.668977/136.856732/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
皆さんもぜひ試してみてください。
◎ 作成方法 見本 その1 ( 板取 蕪山 )
標準地図
(国土地理院Web版より)
標準地図の上に起伏を示した傾斜量図を重ねたもの
・ 平らなところは白で、急なところは黒であらわされています。

( これだけでは、尾根と谷の区別がつきません )

(国土地理院Web版より)
標準地図+傾斜量図+色別標高
・ 尾根と谷が明確に区別できるようになります。

(国土地理院Web版より)
重ねる順序を変更(標準+色別+傾斜)
・ 順序を変更して傾斜情報を表にして強調。
・ 尾根と谷が交互に入り組んでいるところも、
色の違いで分かりやすくなりました。
( 透過率は、色別50%、傾斜50%)
( 色は簡易設定で山に応じて、0〜標高までを、
グラデーション有で表示します。)
◎ 見本 その2 ( 美濃市 湯の洞 ろ山、高山、鶴形山、母野洞 )
美濃市の山での比較
・ 美濃市 湯の洞 (ろ山、高山、鶴形山、母野洞)
の標準地図(地形図)です。
(国土地理院Web版より)
標準地図+色別標高
・ 高さ情報だけでは尾根筋、谷筋が不明確。

(国土地理院Web版より)
一番上に傾斜量図を重ねる
・ 尾根筋と沢筋が、異なる明るい色で強調される。

( 急斜面やがけや岩が黒っぽくなってこれもわかりやすいと思います。)

(国土地理院Web版より)
◎ 身近な美濃の山の地図を、いくつか見本で作ってみました。
横蔵、妙法ヶ岳
谷汲山華厳寺

( 行ったことがないので、よく分かりません )
青波
左:徳山ダム
右:根尾谷方面

( 行ったことがないので、よく分かりません )
馬坂トンネルからの青波
左:徳山ダム
右:根尾谷方面

( 行ったことがないので、よく分かりません )
舟伏山
( 南側の斜面を拡大してみて欲しい )
こまかく枝分かれした沢と
山頂からの尾根が交互にきれいに重なっている。
東の沢は枝分かれパターンが異なって面白い。
( 手書きの蛍光マーカーではここまでは描けない )
日永岳、笹畑山
亀の甲羅のように複雑に絡み合った稜線模様。
( まるで迷路のよう ) 

( 行ったことがないので、よく分かりません )
◎ 板取 洞戸 関市 美濃市 の山
・ 川浦渓谷(銚子の滝)
車のドライブで山の神神社までいったことがあるだけ。

( 行ったことがないので、よく分かりません )
・ 川浦渓谷(海の溝谷)
( 行ったことがないので、よく分かりません )
滝波山
( 行ったことがないので、よく分かりません )
滝波山の手前(楢木)
( 行ったことがないので、よく分かりません )
上の2枚を合体(滝波山と楢木)
( 行ったことがないので、よく分かりません )
蕪山
東: 岩本洞、キッタ洞
北: 高倉谷、門原
南: 21世紀の森
カサネ谷、ワサ谷、ゴンニャク
左手:岩本洞

( 行ったことがないので、よく分かりません )
高賀山
ほかの美濃の山とは岩の質が異なっている気がする。
( 登山道からはずれて、歩かれていない谷に踏み込むと、すさまじいほどのゴロ石の谷がある。)
( あちこちの亀裂のようながけや谷が興味深い。)
・ 最後の2つ( 天王山、誕生山 と 大岩見晴し台、迫間山、明王山、城山、金比羅山)の2つは、 設定が他のと少し違っています。
美濃市 天王山、誕生山
(  大矢田、 御手洗、 奥神洞 )
大岩見晴し台、迫間山、明王山、城山、金比羅山
( 関南アルプス ふどうの森 )
    大岩不動、迫間不動
( 坂祝町 ”猿啄城展望台” )
    城山
( 各務原アルプス 各務野自然遺産の森 )
・ 自分で作る色別標高図 の設定の中の 合成の指定を「解除」にしてあります。

( 画面左下の設定の中央の行の、青く表示されているところです。 )

( このほうが標準地図情報がくっきりと表示されるようです、これを「合成」にきりかえると、標準地図情報が控えめになります、その分傾斜量図が強調されるような気がして私は好きです。 )

( どちらが望ましいかは好みの問題です、透過率等もいろいろ変更して試してみてください。 )
◎ ローカルばかりでは?と、すこしは知名度の高い山も作ってみましたが…
穂高岳
( 行ったことがないので、よく分かりません )
塔ノ岳 行者ヶ岳 鳥尾山 源次郎沢 本谷沢
( 行ったことがないので、よく分かりません )
猿投山
( 行ったことがないので、よく分かりません )

・ 稜線が網の目か木の根っこみたいに複雑
方向音痴の私は迷いそう。
岐阜市 金華山
金華山、日野・長森(西山、洞山、舟伏山)
犬山市の鳩吹山
木曽川沿い 桃太郎神社
可児市 西帷子
・ 地理院地図 電子国土Web
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.668977/136.856732/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f1
皆さんも、いつもの山のオリジナルマップを作ってみてください。
訪問者数:1210人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ