また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 日中に時計を使って方位を知る(磁石のない場合)。
更新日:2018年06月10日 訪問者数:1095
登山・ハイキング 技術・知識
日中に時計を使って方位を知る(磁石のない場合)。
tama-takeshi
日中に時計で方位を知る。
太陽が出ている日中であれば、方位磁石がなくても時計があれば方位を知ることが出来る。時計を水平にし爪楊枝位の細い棒を時計の時針の先端の上に立て太陽からの蔭が時針に重なるように時計を回転させる。このときの時計の文字盤の12時と細い棒の太陽からの蔭との中間が真南を示す。その場所の地方時の場合に正南を示すが、日本の標準時は東経135度を基準としている。自分の位置の子午線との差を補正すれば良いが、例えば関東では標準時と地方時との差は約20分であるから方位の誤差にとしては、そのままでも南と判定しても差し支えないだろう。
訪問者数:1095人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ