また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > おススメ紅葉登山 見ごろの時期別に紹介
更新日:2018年12月12日 訪問者数:480
登山・ハイキング その他
おススメ紅葉登山 見ごろの時期別に紹介
take1104
秋はやっぱり紅葉登山ですよね。時期別にお勧めの山を紹介します。
9月中旬〜下旬
9月中旬から北海道や3,000m級の山々で紅葉が始まります。
毎年9月中旬に最初に紅葉の便りが届く大雪山。紅葉が奇麗な層雲峡・銀泉台・大雪高原温泉間はバスで結ばれているので、これを利用すれば車でも縦走することが可能です。層雲峡の黒岳の紅葉も奇麗ですが、東側急斜面のため午前中に行かないと見えません。
銀泉台の第一花園
銀泉台から登り始めるとすぐに第一花園
赤岳直下の奥の平・東平
このあたりが一番紅葉が奇麗でした。
北海岳〜黒岳石室
一面のチングルマの紅葉が見事です。
見頃はやはり大雪山と同じ9月中旬ですね。
トムラウシ公園
このあたりの紅葉は終わっていました。
コマドリ沢付近
このあたりの紅葉が一番奇麗でした。
カムイ天上付近の樹林帯
ずっと紅葉が奇麗です。
カムイ天上の少し上
ぼーっと歩いてると見落としてしまいますがトムラウシが見えるスポットがあります。
例年シルバーウィーク頃には見ごろを迎えます。室堂の紅葉は9月末までですが、弥陀ヶ原やタンボ平は10月上旬〜中旬が見ごろとなります。
室堂の紅葉
雷鳥沢付近
9月下旬〜10月上旬
この時期が紅葉登山のピーク。東北や日本アルプスの山々で紅葉が見ごろになります。
東北の山々
ムーミン谷
見頃は過ぎてましたが、ムーミン谷のチングルマの紅葉が見事です。
鬼ヶ城
鬼ヶ城の縦走路の紅葉が見事でした。
東北を代表する紅葉名山です。主な登山口として須川温泉といわかがみ平がありますが、山頂までの歩行距離は短いので、山頂を経由して両方廻るのがおススメです。
中央コースより
中央コースは紅葉の間の道が長く、広く見渡せる場所が少ないです。
東栗駒コースより
いわかがみ側は中央コースと東栗駒コースがあり、東栗駒コースは難路とされてますが、こちらのほうが紅葉が奇麗です。
苔花台
このあたりの紅葉が見ごろでした。
三途の川付近より
ここの最盛期の紅葉は圧倒的です。中沼登山口から登りましたが、東成瀬3合目から登った方が眺めが良いかもしれません。いずれにせよ山頂周辺は周回するのがおススメです。麓の沼は10月下旬まで紅葉が楽しめます。
焼石岳
最盛期は過ぎていました。最盛期は赤の面積が倍ぐらいある感じです。
横岳
中沼から登ると焼石岳より立派に見えます。
樹林帯歩きが長いですが、小朝日岳から大朝日岳への稜線の紅葉が見事です。
以東岳山頂
山頂に立つと大朝日岳への縦走路が一望できます。これは一見の価値ありです。
以東岳〜三角峰
鳥海山と月山を眺めながらの稜線歩きになります。
三角峰付近
台倉山の稜線
燧ヶ岳を眺めながらの稜線歩きです。ここの紅葉はとにかく赤いです!
姫池と高層湿原
池と草紅葉が奇麗な最高のテントサイトです。
日本アルプス他の山々
いわずもがなの山岳紅葉日本一のテン場。テン場の場所取りは、昼頃到着なら場所をじっくり選べますが、夕方でもありえない場所にテント張ってる人がいます。
例年10月1週目に見ごろとなります。涸沢ヒュッテのHPで確認するといいです。
破線扱いになってますが、パノラマコース上の屏風の耳あたりの紅葉も素晴らしいです。
涸沢全景
パノラマコース入口から撮ると涸沢の全景を収めることができます。テントの数は1,200張と言われてます。
涸沢三段紅葉
屏風の耳
涸沢カールや槍ヶ岳を眺めることができます。
屏風の耳の紅葉も終わってました。
涸沢ヒュッテ下の紅葉が奇麗でした。
涸沢カールのモルゲンロート
皆テントから出て写真撮ってますw
千畳敷の紅葉が有名ですが、濃ヶ池付近の紅葉も素晴らしいです。
千畳敷
濃ヶ池付近
あまり紅葉の時期に登る人は少ないですが、悪沢岳、荒川小屋付近と赤石岳ー富士見平間の紅葉は素晴らしかったです。
千枚岳上より丸山の紅葉
丸山付近から富士山
南アルプスから見る富士山は本当に素晴らしいです。
赤石岳と荒川小屋付近の紅葉
荒川三山と荒川小屋付近の紅葉
北沢源頭付近の紅葉
このあたり本当に奇麗でしたが、東向き急斜面なので午前中に来ないと逆光になります。
10月上旬〜中旬
10月上旬〜中旬になると2,000m級の山の紅葉が奇麗になります。
紅葉がだんだん下がっていくので9月下旬から10月中旬まで長く紅葉が楽しめます。ひょうたん池越しの茶臼岳が定番ですが、清水平の紅葉も見事。紅葉の時期の休日の駐車場は大混雑必須なので前夜車中泊が望ましいです。
姥ヶ平
ひょうたん池
晴れていればバックには茶臼岳が見えます。
ここも9月下旬から10月中旬ぐらいまで長く紅葉が楽しめますが、最も絵になるくろがね小屋付近の紅葉は10月上旬が見ごろになります。
くろがね小屋付近
実際にはまだ色づき始めで、見た目よりかなり鮮やかに加工してあります。
2018年の見ごろは10月10日頃でした。
安達太良山〜仙女平分岐付近
このあたりは9月下旬で見ごろになっていました。
紅葉名山として有名な雨飾山。雨飾山の写真としてよく使われる荒菅沢は10月上旬に見ごろとなりますが、10月中旬は麓が真っ赤に染まります。登山口近くに紅葉の映える鎌池もあります。
樹林帯の紅葉が燃えるようでした。
荒菅沢
鎌池
雨飾温泉キャンプ場登山口近くに紅葉が奇麗な鎌池もあります。
登山口近くに有名な鏡池があります。紅葉の撮影目当てなら鏡池を本命に10月中旬ごろに行ったほうがいいかもしれません。
戸隠山より西岳方面
蟻の塔渡
鏡池
見頃は10月中旬〜下旬でしょうか。当然ながら戸隠山の見ごろの時期はまだ色づき始めです。
10月中旬〜下旬
この時期はなんといっても浅間山のカラマツの黄葉です。草すべりから眺める浅間山が秀逸なので、高峰高原から歩くのがおススメ。朝早すぎると逆光になるので8時ぐらいに出発するといいです。運が良ければ三段紅葉の浅間山が見られるかもしれません。
草すべりから浅間山
朝早すぎて激しい逆光になりました。
外輪山からの浅間山
賽の河原あたりからの外輪山
賽の河原〜Jバンド
高峰高原付近
駐車場の周りまで黄葉が奇麗でした。
草すべりから浅間山三段紅葉
運よく前日に冠雪し、三段紅葉が見られました。
賽の河原〜Jバンド
このあたり赤の紅葉が残っています。
岩場が連続する両神山の八丁尾根は、あまり知られてませんがとても紅葉が奇麗なところです。
西岳からの下り
東岳から見た西岳
西岳からの下り
西岳から見た行蔵峠〜赤岩尾根
八丁峠手前
八丁峠より西の赤岩尾根
西へ行くほど紅葉が残ってます。
上高地の紅葉は10月中旬ごろが見ごろ。普段は通り過ぎる上高地をゆっくり探索してみるといいかもしれません。
河童橋
この時期は観光客も物凄く多いです。
梓川からの焼岳
明神池
早朝に行けば池に映える明神岳を見ることができるかもしれません。
大正池越しの焼岳
大正池越しの穂高連峰
沢渡付近
紅葉だけで言えば沢渡〜上高地間の方が奇麗ですw
七ツ釜五段の滝で有名な西沢渓谷は10月下旬が紅葉の見ごろになります。紅葉が見ごろの時期の渓谷は人が多すぎてほぼ反時計回りでないと通行は困難になります。
険しい谷の紅葉なので、日が当たると写真撮るのが難しくなります。
七ツ釜五段の滝
ここは紅葉はそれほどありません。
大久保沢の橋
紅葉自体は渓谷よりも林道の方が奇麗です。
11月以降
11月以降は里山が色づいてきます。
奥多摩湖周辺の山々は11月中旬が紅葉みごろ。奥多摩湖周辺は渓谷も美しいです。
都民の森周辺
月夜見山周辺
清八新道下の渓谷
京都の寺社仏閣の紅葉も見ごろとなる11月の勤労感謝の日前後、嵐山や愛宕山の紅葉も色づいています。
京都一周トレイルと寺社仏閣の紅葉を絡めれば立派な紅葉ハイキングになります。
大山の紅葉は女坂から上がっていった大山寺のもみじが奇麗。見頃は11月下旬です。
筑波山では11月いっぱい紅葉祭りを開催しています。
獅子舞の紅葉は12月上旬〜中旬が見ごろです。
獅子舞だけではなく寺院の紅葉も奇麗です。
天園ハイキングコース
尋常じゃない混み具合です。渋滞してます。
獅子舞
訪問者数:480人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ