また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 登山と視力矯正方法あれこれ
更新日:2018年12月23日 訪問者数:926
ジャンル共通 山道具・装備
登山と視力矯正方法あれこれ
sabi_mike
【はじめに】
登山には欠かせない見え方のための装備品、
メガネやコンタクトレンズに関する記事がまったくないのに気づき、
いつもレコを参考にさせていただいているお礼かたがた、
記事にまとめてみることにしました。
個人的な見解も含まれていますがこんな方法もあるんだと、
ひとつの提案としておおらかな気持ちで読んでいただけたらと思います。
【自分の視力の特徴って?】
5mの距離のランドルト環…「C」の形の切れ目の
上下左右を答える学生時代からなじみ深いものだと思います。
5mの距離の1.0以上のランドルト環を
無理なく正答できれば正視と言います。
視力は大きく分けると他には近視・遠視があります。

近視は近くが見えて、遠くが見えない状態です。
遠視は遠くが見えて、近くが見えない・もしくは負荷が大きくかかっている状態です。

どちらも生活に困る視力になれば眼鏡やコンタクトレンズが必要です。
【眼鏡?コンタクトレンズ?】
私の登山でのオススメは当然コンタクトレンズです。
眼鏡は夏でも冬でもやっぱり曇ることや汗でずれたり
視界が狭いという不便がつきまといます。
コンタクトレンズはHCL(ハード)、SCL(ソフト)があります。
【オススメのコンタクトレンズは?】
現在の主流はディスポSCL。使い捨てレンズです。
はめ心地や紛失時の金銭的観点も含め登山にもオススメです。
もちろん、個人差があり絶対使えるわけではないですが…

毎日使うならコストを下げるために2Wを利用する人も多いでしょうが、
登山時のみとか出掛ける時だけ1DAYSCLもいいと思います。
「生レンズ」で押しのデイリーズトータルワンがはめ心地ではNO1。
次点は1DAYAVトゥルーアイ。スペックは同社の1DAYオアシスのが上ですが、
はめ心地や扱いやすさ、価格面の総合でトゥルーアイで十分かなと。
【コンタクトレンズで地図が見えない?】
現代の登山事情として中高年の多さを考えると、
遠くに合わせてSCLを購入すると老眼で地図が見えないデメリットも…

遠近両用1DAYSCLでのオススメは1DAYAVモイストマルチフォーカル。
次点はプロクリア1DAYマルチフォーカル。
ちなみに1DAYメニコンマルチフォーカルも同商品です。
デイリーズトータルワンマルチフォーカルは見え方がオススメできず残念。

が、遠近両用って乱視があったりすると適さず使用が出来ません。
ただ検査員の力量で、モノビジョンという技法があります。
これは片眼を遠方に合わせ、もう片眼を近方に合わせるという技術。
性格的に細かい人は左右の見え方の差が気になり適しませんが、
良い意味で大雑把な人は遠くも近くもそこそこ見えます。
ただ片眼ずつなので、カメラで片眼でファインダーを覗くなどには適しません。
ただし、検査員の力量にかかってくるので
出来る施設と出来ない施設があると思った方がよいです。
【ネットでのコンタクトレンズ購入は?】
眼鏡の度数と同じに買えば大丈夫とお思いの方も多いでしょう。
眼鏡は目から12mm先にレンズがあります。CLは目に接しています。
この差が見え方に差を生みます。
度数にもよりますが、眼鏡度数そのままでCL購入すると強すぎる…
いわゆるピントが遠くに合い過ぎたCLを購入してしまうことになり、
当然、中高年の老眼なお年頃ではより地図が見えないものになります。
いくら若くてもオススメできません。
自身の正しい度数を知るために、時々眼科を受診して、
お礼程度にCL一箱ずつ程度に購入するといいでしょう。
ただし、眼科は混雑しますのでその覚悟でご受診を。
【レーシック?オルソケラトロジー?ICL?】
レーシック、一時期流行りましたが、
安全性の問題もあり、最近は手術を受ける人は減少しているようです。
そもそもレーシックをしても老眼にも白内障にもなります。
なので、常に遠くも近くも永遠に快適ではないのです。
折角お金をかけて手術したのに結局また眼鏡やCLを使うことにもなりますし、
角膜を削ってしまったがために、白内障の手術へのリスクもあがります。

オルソケラトロジーはナイトレンズと呼ばれる就寝時に装用するHCL。
硬さのあるHCLを毎日就寝中装用して角膜表面の形状を変えて
日中は眼鏡やCLを使わずに過ごすという方法です。
これまた老眼の影響もありますし、適応範囲が絞られるので、
登山を好む年齢の方々にオススメとは言えません。
あと基本毎日装用することで有効なので山で宿泊する方には不向きかな?
ただし、押えているだけなので、レーシックと違いリスクは低いです。
調子が悪ければ止めてしまえばもとに戻るだけですから。
自費診療の範疇なのでお金がかかることと
性質上結膜炎などは起こしやすいと思われます。

ICLは、目の中にCLを入れてしまう手術です。
眼鏡やCLで見えやすくならないような強度近視のためのもの。
こちらはまた手術で取り出してしまうことも可能です。
こちらも老眼には対応してませんが
そもそも遠方の見え方で一番困るなら価値を感じます。
手術は自費診療ですが生命保険の先進医療特約などの利用も可能です。
【円錐角膜】
目の表面の形状に円錐角膜と呼ばれるものがあります。
文字が表すように角膜が円錐状になっていて、眼鏡での視力改善がされません。
唯一、特殊な形状のHCLでのみ生活に必要な視力が得られる場合が多いです。
いびつな形状の角膜にHCLを乗せて自身の涙で潤わせることにより視力が得られます。
よって柔らかく目の形状に沿ってしまうSCLだとしわが寄ってしまいますし、
視力も得られず使い物にならないと言えます。
こればかりはなかなか登山との付き合いは難しく、
自分の登山スタイルを見え方に合わせていくが最良かもしれません。
きちんと見えない状況での登山はなにより危険ですので。
【リスク回避のために】
ディスポSCLは最低1枚ずつ予備を持ちましょう。
寒冷地での持ち歩きの際には凍結防止に身に着けておきます。

また眼鏡もハードケースに入れて持つのをオススメします。
目の表面に傷がついたりなど、CLを装用できない場合もあります。
ただし、眼鏡を車のダッシュボードなどに置くことは避けましょう。
暑い季節はレンズ表面のコーティング変質が起ってしまいます。
【よくありそうなQ&A】
Q.中高年と呼ばれる年齢ですが、CLは使えますか?

A.使えなくはないですが、現在の視力状況により満足度が低い可能性はあります。
 元々正視や遠視で遠方がよく見える場合、遠近両用にした場合、
 裸眼の方が見えた印象が強い場合が多いと思います。
 また、元々軽い近視の場合も眼鏡なら眼鏡を外せばよく見えた
 裸眼での近方の見え方を求めてしまうと満足とはいかないかもしれません。

Q.CL未経験です。週末の山行でCLを使いたいのですが…

A.あなたの目に合うCLの在庫が眼科やコンタクトレンズ販売店にない可能性もあります。
 乱視用・遠近両用・強度近視度数・遠視度数などは取り寄せも多いので、
 少なくとも使いたい日の10日ほど前には受診した方がいいでしょう。
 また、はめはずしに時間を要する人もいます。
 購入の翌日スムーズにとは行かない可能性が高いので、
 前もって3〜4日ははめはずしの練習を兼ねて使ってみましょう。

Q.CLは以前から時々使用していますが、はめはずしが苦手です。

A.<HCL>レンズが小さいのではめるのは問題ないと思います。
     目尻の皮膚を引っ張って外すのが加齢とともに難しくなります。
     下まぶたの中にHCLがもぐらないように下まぶたのきわを支えた状態で
     上まぶたのきわにHCLの端が来るようにして、まぶたの上から眼球を押します。
     空気が入ってHCLが外れ、下まぶたにひかかります。
 <SCL>はめる際、急いで押し込もうとしてませんか?
     しっかりまぶたやまつげを開けてブロックするものがない状態で目にのせます。
     数秒CLごしに目を触っている感触をまってから手を引きましょう。
     また、自身の目をよく観察しましょう。まつげの生え方長さを確認し、
     ブロックしてしまいやすい場所をピンポイントでしっかり開けます。
     CLをはめようとしていない目はどうなっていますか?開いていますか?
     両目とも開いていないとCLは絶対に入りません。
     はずす際、指先だけで触る程度では上手く取れません。
     黒目に親指人差し指を面積多めに当てたあと、
     じんわりと眼球を押しながらCLをつまむと簡単に外れます。
【さいごに】
質問などあれば、答えられる範疇であればお答えします^^
訪問者数:926人
-
拍手

sabi_mikeさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/5/5
投稿数: 287
2018/12/24 1:03
 コンタクトレンズも大事な山アイテムですね!
 sabi_mike様、初めまして・こんばんは!

 もしかしてメガネ関係にお勤めの方でしょうか? このようなノート、待ってました! いや、これまでなかったこともビックリなのですが…(^^ゞ

【ヤマレコ・MYアイテム】
 コンタクトは日常生活のアイテムであって、山で使っていても「山アイテムではない」と思われているのかも知れません。MYアイテムを探してみても、コンタクトレンズを登録している人はうちを含めて2人しかしません。そして揃ってMF(マルチフォーカル)

 ○MYアイテム:プロクリア ワンデー マルチフォーカル〜のみんなの感想
 https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/myitem_info.php?pcd=B00OOMAVY0&af=1

 ちなみにヤマレコのHTMLソースを覗きますと、<!-- シニア(老眼&etc)モード -->なんてコメントが入っていますので(どこかで効かせているかは???)、きっと運営サイドでも老眼に悩まれている方は多いのかなぁと想像しています。

【こちらの状況】
 普段の日常生活ではメガネ、山行中のみ(特殊事情もあってw)ワンデーコンタクトレンズを常用しています。メガネにはセルシール(ズリ落ち防止のシリコンパッド)を貼っていますが、それでも不快で…
 使っているコンタクトレンズは、かなりのド近視にここ3年で老眼を併発しました関係で、プロクリア・ワンデーMF(度数-10! 加入度数+1.5のみ)を愛用しています。そしてワンデーアキュビューMFには加入度数+2.5なことや装用感を含めて1番なのは判るのですが、-9までしかないのが...(残念

 今のプロクリアで遠くもよく見え、カーナビもよく見えるのですが、手元のスマホ・夕方の紙地図の小さな文字がシンドい状態。メガネならひょいと持ち上げれば済みますが、コンタクトではどうしようもありません。加入度数の大きいアキュビューで-10が有ると良いのですが… また今度買う時はプロクリアの-9.5を試して見ようと思っています。デイリーズも1箱持っているのですが、素材がツルツルで外すのに1時間ぐらい格闘したこともあります。そのときはやむを得ず、レンズを出来るだけ目の端に寄せてティッシュ越しに摘まんでようやく…疲れました。装用感はいいのですが、テントの中ではちょっとやりたくないところ。

 モノビジョンは初めて知りました(感謝!) メガネではダメですが、コンタクトなら既にプロクリア(-10)とアキュビュー(-9)があるので、一度試してみようと思います♪

【コンタクトのデメリット】
 やはり一番の心配は長時間装用での角膜への負担です。縦走装用+紫外線で目と粘膜がやられたせい?か帰宅後風邪を引いたことがあります。あと強い風やホコリも少し心配。
 目の乾く人、乾きやすい人(うち)も要注意ですよね。そういう時に道端のコマクサを撮ろうとして屈んでカメラのファインダーを覗いた拍子にレンズがポロッと落ちたことがあります。探しても見つからず…幸い予備のコンタクトを持っていて事なきを得ました。
 そんなこともあって、
  ・必ず泊数+1〜2組のコンタクトレンズ
  ・乾き目・ゴミなどに備えて目薬
  ・稜線での着け外しに備えて、アルコールティッシュ+清潔な水
を持つようにしています。

 使用面での一番のデメリットは1日12時間〜ガンバッて14時間で外さないといけない点。メガネも忘れずザックに入れて置かないと、うちぐらいの度数だと詰みます。夜トイレに行くと遭難or滑落(トイレの中)の危険が!!(>_<)

【レーシック・オルソケラトロジー】
 レーシックは、乾きやすい目が今後ヒドくなる心配もあるので考えていません。オルソケラトロジーは強度過ぎてダメだったのですが… 最近、強度近視OKなタイプも出てきているようで、holeICLとともに気にはなっているのですが、どちらも費用がン十万コースなのがネックで躊躇しています。

 ーーーーー
 突然長々と失礼いたしましたが、良ノートをありがとうございます。もしお気づきの点など有りましたらご指摘頂けましたら幸いですm(_ _)m
登録日: 2018/12/23
投稿数: 2
2018/12/25 20:13
 Re: コンタクトレンズも大事な山アイテムですね!
toshimizu7566さん、はじめまして!

toshimizuさんは加入度+1.5のレンズをおつかいなんですね。でも、本当は+2.5くらいがご希望?外資系JJさんは強気なので需要が少ない規格を作らない&廃版にしちゃうのがこまりものですね。

モノビジョンは通常、単焦点と呼ばれるtoshimizuさんであれば、近視のみの度数のレンズでよく使われる技法です。たまたま度数違いのレンズを遠近両用でお持ちのようなので、ちょっと試してみるのもいいかもしれません。ちなみに、人には効き目がありますので、効き目を遠方に合わせて、効き目じゃない方を近方に合わせます。効き目はネットで調べる方がわかりやすいかも。上手く行かない場合もありますのでご了承ください;でも、上手く行ったら教えて欲しいです。

見え方とはずしにくさの点を覗けば、デイリーズトータルワンが群を抜いての乾きにくさです。これならいつまでもつけてられる〜と思います。酸素の透過性も高いですし。一応、−12までありますよー。角膜への影響は長時間CLをつける日が多いなら、CLを休む日を作られるのが一番いいですよ。

手術系は価格とリスクが〜ですね。若かったらICLはいいのかも。もういっそ年齢を重ねたら、白内障の手術を早めの年齢、多焦点(要は目の中に遠近レンズを入れます)でしちゃうのもありなのかもです。近視の方は白内障が若くても進みが早い場合もありますので。
登録日: 2016/5/5
投稿数: 287
2018/12/28 1:24
 Re[2]: コンタクトレンズも大事な山アイテムですね!
 sabi_mike様、こんばんは!
 ご丁寧に返信頂きまして、ありがとうございます。ヤマノートは通知が来ないんですね、気付くのが遅れて失礼いたしました。
 モノビジョン、効き目(うちは右)が遠方ですねΦ(^_^) 車の運転や山行、年末年始イベントを避けてとなると、なかなか適当な機会がなくてまだ試せていません。試せましたら、またご報告させて頂きます。余談ですが非効き目(左)は、度数的に特にメガネで「覗く動作」が大変苦手でして、カメラのファインダーぐらいなら良いのですが、緑内障検査になるとボロボロで…コンタクトならマシだと思うのですが、他の眼科検査とコンタクトは相性悪いですよね
 デイリーズは-12ですか?!クラクラしそうw(-10も普通の人からはクラクラレベルなのは棚上げして) 酸素透過性抜群と言われると眠っているのを使いたくなってしまいます。ティッシュでコンタクトレンスだけ摘まんで外す技は確立できているので、また日帰り山行で使ってみようかな?
 白内障手術は…なるほど! ただ多分まだ20年ほどは猶予があるはずなので、それまでの間、良い遠近コンタクトに出会えなかったら… 地図・スマホを見るときだけ+2.5の老眼鏡を諦めて掛けるしかないかなぁと思い始めています(^^;;;
登録日: 2018/12/23
投稿数: 2
2019/1/5 19:15
 Re[3]: コンタクトレンズも大事な山アイテムですね!
toshimizu7566さん、こんばんは。

上手く表現が至らず、戸惑わせてしまうかもしれません。
toshimizu7566さんが遠方視力をまず正しく度数合わせ出来ているかが不明なので、もしいい加減なところからスタートすると疲れたり、見えにくさに危険が伴うこともあります。あくまで私の記事は提案のひとつとお考えになり、眼科やコンタクトレンズ販売店でご相談いただければとも思います。
コンタクトレンズのはめはずしはレンズの構造や目の構造を理解することで、とっても簡単になりますよ。結構、ソフトコンタクトは外すのが苦手な方が多いんですよね。
ちなみにデイリーズはシリーズで多数あり、デイリーズアクア、デイリーズアクアコンフォートモイストプラス、デイリーズトータルワンがあります。酸素の透過性が高いのはシリコン素材のトータルワンだけです。シリコン素材のSCLは酸素の透過性が高いのです^^が、遠近両用などは種類が多くないんですよね;
長々とすみません。手元を見る時だけ、老眼鏡!一番オススメですよ、かけはずしの手間はありますが、断然見え方クリアだと思います。
ページの先頭へ