また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > ガーミンイトレックの電源ボタンの修理
更新日:2019年05月13日 訪問者数:242
ジャンル共通 山道具・装備
ガーミンイトレックの電源ボタンの修理
kakushi
イトレック30の電源ボタンが風化して、ゴム部分が抜け落ちてしまいました。穴の奥を見ると小さなスイッチがあったので、この部分にゴルフのスコア用鉛筆を加工して埋め込み、その穴をエアーマットの補修布と付属の接着剤で張り付けたところ、うまく使用できるようになりました。
穴に埋め込む部品は4mm×5mmぐらいの大きさで高さは3mmぐらが適当で側面より低くすることが重要です。側面から突出していると携行時に何かに当った時に電源が落ちる心配ががあります。
ガーミンイトレックの電源ボタン等の劣化をよく耳にしますので、この方法で修理ができて少しでも長持ちすればうれしいと思います。
訪問者数:242人
-
拍手

kakushiさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ