また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 携帯焚き火台
更新日:2019年06月10日 訪問者数:450
ジャンル共通 山道具・装備
携帯焚き火台
tama_factory
携帯用の小さなグリルは市販品で見かけるが、携帯用の焚火台を謳った製品は見たことがない。
沢で焼肉を焼いたときに小さなグリル(ユニフレームのネイチャーストーブ)を使ったが、これは焚火向けではない。

市販品で小型の焚火台は存在するが大きく重い。私の定義では携帯用とはポケットに入ることが前提なのだ。

無いものは作る。作ってみる。自分の工夫がどの程度実用に耐えられるのか試さずにはいられない性分である。^^;
いきなり完成品であるが、構造は見てわかる通りシンプル。
コの字型に曲げたステンレス棒4本とステンメッシュ。
足用のアルミパイプのみである。
ステンメッシュが下から空気を取り入れるので、湿った枝でもよく燃える。
四辺は22cmで対角線上は30cmもあるが、あまり重い薪を乗せると足がもたないので注意。枯れ枝専用。
アルミパイプの足を抜けば、ステンメッシュにロールアップしてひとまとめになる。
これぞ本当の携帯ポケットサイズ。
訪問者数:450人
-
拍手

tama_factoryさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ