また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 超ULトレッキングテーブル
更新日:2019年06月13日 訪問者数:586
ジャンル共通 山道具・装備
超ULトレッキングテーブル
tama_factory
不整地での食事にテーブルは欠かせない。
食器を直接地面に置くと不衛生かつ不安定で落ち着かない。(妻談^^;)

昔アルミのロールテーブルや木製のテーブルを持って行ったが意外に重く、快適装備のために登山が快適ではなくなってしまったら本末転倒である。

どうせ作るなら中途半端にULを謳っている市販品を凌駕するくらい軽くしたい。
個人ならば企業ではやれPLだなんだとチャレンジできない領域まで踏み込んだ開発ができる。
そもそも快適装備に重量物は必要ない。ストーブやテントが壊れては生命の危機にも直結するが、なくてもなんとかなる装備にとことん軽量化を求めるのは至極自然である。

私はこれをFL(フェザーライト)思想と呼んでいる。
ULの究極は装備の兼用、断捨離であるが、羽のように気にならない程の重さであれば削る必要すらない。
普段通り常備しておけばよい。
結果使わなくても余計なモノを担いだという意識すら感じないほど軽ければよいのだ。
軽さは正義である。(^.^)
いきなりで申し訳ないが、完成品である。
作り方や構造を細かく記載しないのは、以前アイデアを盗まれて商品化されたからである。
材料はダイソー品だとだけ言っておく。
折りたためば厚さは1.5cmのパンフレットサイズ。
重量はA4サイズで15g。
テン泊用B5サイズだと11g。
上に物を載せていないと本当に風で飛んでいく。^^;
訪問者数:586人
-
拍手

tama_factoryさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ