また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > ヤマノート > 長野/群馬県境 百名山 浅間山の入山規制状況
更新日:2019年08月21日 訪問者数:291
登山・ハイキング その他
長野/群馬県境 百名山 浅間山の入山規制状況
toradango
 8月7日に小規模噴火して噴火警戒レベルが3に引き上げられ、火口から概ね半径4kmが立入規制となっていましたが、8月19日に噴火警戒レベルが2に引き下げられ、賽の河原分岐点まで入れるようになりました。よってトーミの頭、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳などが登山可能となり、火山館も入れるようになりました。

 ただし、前掛山まではまだ入ることはできません。噴火警戒レベルが1に引き下げられれば前掛山も登山可能となります。7日の噴火以降、静穏状態が続いていますが、噴火警戒レベルを1へ引き下げるかを判断するには少なくとも1ヵ月の観測が必要とのことで、少なくとも9月下旬までは前掛山には登れないことになります。


 なお、長野/岐阜県境の百名山 焼岳の現在の噴火警戒レベルは1で北峰まで登山可能ですが、7月末から空振を伴う火山性地震が何度か発生しており、本日21日にも発生しています。今のところ他の変化は見られず、現状では噴火警戒レベルの引き上げはありませんが、今後の火山活動の推移に充分な注意が必要です。
訪問者数:291人
-
拍手

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ