また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 虫よけスプレーの自作
更新日:2019年08月24日 訪問者数:834
登山・ハイキング 山道具・装備
虫よけスプレーの自作
PentiumMMX
大山で虫に悩まされたので、虫よけスプレーを自作してみました
市販虫よけスプレーは、効果が長い反面、主成分であるディートの特性上、スプレーだけでなくしっかり肌に塗らないと、効果が薄くなるようです。(主成分のディートは匂いが嫌というよりも、接触するのを嫌うらしいので、塗り忘れている場所があれば刺されやすい)
その点、ハッカ油やシトロネラはそもそも虫が嫌いな匂いということで、回数は頻繁になりますがスプレーだけでよさそうなのがメリットです。


用意したもの:
・無水エタノール500ml ヨドバシ通販で1100円
・精製水500ml ドラッグストア
・ペパーミント30ml iherbで627円
・シトロネラ30ml iherbで392円
・注射器 百均
・100mlポンプ式容器 無印
・12mlスプレー式容器 無印

※消毒用エタノールでも大丈夫らしいですが、酒税回避のためイソプロパノール等が配合されて肌荒れしやすいとのこと
※精製水ではなく水道水でも大丈夫らしいですが、塩素等で効果が薄まるかもしれないので精製水使っています。浄水器があればそれでも良いかも
※ペパーミントとシトロネラはAmazonでも売っていますが、対容量比だとiherbで個人輸入した方が安いです
※容器はPS(ポリスチレン樹脂)は溶けて絶対だめなので、無印のPET樹脂製にしました
※クローブを混ぜると効果が上がるそうですが、液体が茶色くなって服に付くと嫌なので入れていません
※ペパーミントとシトロネラは、20滴ほど入れれば良いそうですが、面倒なので注射器で一気に決まった量を吸い出して入れてしまうと楽でした
※大き目の容器で一気に作って、必要な分を持ち歩くとよさそうですが、大き目な容器を持ち歩くことがないならポンプ式にしておくと、スプレー容器に移すのがとっても楽です


作り方:
・100ml容器に、10mlほど無水エタノールを投入
・同容器に、1mlほどペパーミントを入れる
・同容器に、1mlほどシトロネラを入れる
・容器を閉めて、一度混ぜておく
・同容器に、90mlほど精製水を投入
・よく混ぜて、12ml容器に適宜移す

感想:
・シトロネラは、虫よけリングのあの匂いです。結構匂いがきついので、屋外で作業した方が良いかも…
・ペパーミントは、もうちょっと入れている人が多いので、個人の感覚で変えていってもよさそうです
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:834人

PentiumMMXさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ