また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマノート > 私的花図鑑
更新日:2020年04月02日 訪問者数:460
ジャンル共通 技術・知識
私的花図鑑
yanchi
ウツボグサ
20160812 白毛門
シソ科。ウツボといっても魚ではなく、弓矢を入れて背負う道具に似ているらしい。別名夏枯草(かこそう)。薬用、食用に利用される。高山草地に生えるタテヤマウツボグサは日本固有種
ハルユキノシタ
20200323 東丹沢不動尻近く
葉の切れ込みが深く、花は上3弁中央部に黄斑を有し、爪を備える。普通下2弁が伸長するが、1弁だけのものもあり。ユキノシタは、葉の切れ込み浅く、表面に白条あり。花は上3弁に赤い斑を有す。
ジンジソウに非常に似ているが、花期が異なる。ジンジソウは秋に咲く。
トウゴクミツバツツジ
20160423 滝子山寂ショウ尾根
ミツバツツジは近縁の種類が豊富。ユキグニ、ナンゴク、ヤクシマ、ダイセンなど
トウゴクミツバツツジは、花が終わってから葉が3枚でる。
春先に他に先駆けて、ヤセ尾根を彩る。
タカネビランジ
鳳凰三山(観音岳)20150802
南アルプスに分布し、高山礫地の岩にへばりつくように生える。中腹の岩壁には基準変種のオオビランジが見られる。日高山脈に咲くのはカムイビランジ。岩の横で休憩などしていると、よく隣にいたりする。
トウゴクサバノオ
東丹沢不動尻20200323
花弁状のもの白っぽい部分は萼片で、花弁は内側のオレンジ色のもの。サバノオは、花後の果実がT字状になるのを、鯖の尾に見立てたもの。果実は袋果で長さ0.9cmになり、基部で2個が合着して広がり魚の尾のように見える。
イワカガミ
女峰山20160529
葉っぱの光沢が鏡のようだと、名付けられた。目が合うとややグロテスクさを感じる。
ミヤマオダマキ
御岳山20140514
外側は萼片、内側が花弁。ちょっとうつむき加減に咲く。その紫の透け感が綺麗である。レンゲショウマにちょっと似ているが浮遊感に大きな差がある。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:460人

yanchiさんの記事一覧

※この記事はヤマレコの「ヤマノート」機能を利用して作られています。
どなたでも、山に関する知識や技術などのノウハウを簡単に残して共有できます。 ぜひご協力ください!

詳しくはこちら

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
ページの先頭へ