ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 100078 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

白い雪山・日白山(にっぱくさん)、稜線直下までスノーシュー

日程 2011年02月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴。11時ごろまでは、稜線は雪雲。
アクセス
利用交通機関
三国峠を越えて、平標山登山口から少し先に二居の集落があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

新潟県(湯沢町)二居(ふたい) 9時45分 発 →
一番上の堰堤地点で地王堂川を左岸へ渡る 11時20分 →
標高1200m地点 急登  11時50分 →
緩斜面の舌状地形   12時10分 →
枝沢地形トラバース 標高1360m  12時30分 →
急なブナ林のラッセル 
稜線下 標高1510m 引き返し点 13時16分〜25分 →
上から3番目の堰堤地点で地王堂川を右岸へ渡る 14時20分 →
二居 15時15分 着
コース状況/
危険箇所等
二居の「宿場の湯」が登山口の目印。
観光案内所では、「今年は雪が少なめで、二居峠から稜線をすすむルートは登りにくい」と言っていました。
私は行動時間が足りず、日白山へストレートに上がる地王堂川を利用。
稜線下で、二居峠、東谷山の縦走ルートから日白山へスキーで行って、下降してきた2人パーティーと、距離を置いて行き違いました。
同じ縦走ルートで、男性がもう一人、9時15分ごろに登って行った。この登山者には下山するまで出会わなかった。今回は新雪が20〜30センチほどあったので、縦走ルートは時間がかかっていたのかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2011年02月の天気図 [pdf]

写真

もともとは山スキーでの行動を予定していました。
林道をすすむ途中でスキー・シールの保管用保護シート(接着面用)を忘れ、車に戻り、また林道へ。
この歩行の際に、靴に異変が。板を履こうとしてバックルを絞ったら、ベルトが切断。ベルトと接続していた靴のアウターもはがれて、破砕。
お先真っ暗な山行・・・
2011年02月19日 09:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もともとは山スキーでの行動を予定していました。
林道をすすむ途中でスキー・シールの保管用保護シート(接着面用)を忘れ、車に戻り、また林道へ。
この歩行の際に、靴に異変が。板を履こうとしてバックルを絞ったら、ベルトが切断。ベルトと接続していた靴のアウターもはがれて、破砕。
お先真っ暗な山行・・・
もう一度、車へ戻り、山靴に履き替えました。
カミさんのスノーシューをちょうど積んだままだったので、それを使うことに。
中型(25インチ)ですが、爪は大きくしっかりしています。
ただ、稜線近くで深雪があるため、スキーと比べ、もぐりそう。
帰りの行程もオーバータイムになります。
2011年02月19日 15:05撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度、車へ戻り、山靴に履き替えました。
カミさんのスノーシューをちょうど積んだままだったので、それを使うことに。
中型(25インチ)ですが、爪は大きくしっかりしています。
ただ、稜線近くで深雪があるため、スキーと比べ、もぐりそう。
帰りの行程もオーバータイムになります。
1
林道の除雪はここまで。とにかく進みます。出発が大幅に遅れました。関越道では、五重衝突の渋滞にまともに巻き込まれて、しまったし。
2011年02月19日 09:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の除雪はここまで。とにかく進みます。出発が大幅に遅れました。関越道では、五重衝突の渋滞にまともに巻き込まれて、しまったし。
トレースはありません。木、金と降った雪がふかふか。その下に、古い雪があります。
2011年02月19日 10:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースはありません。木、金と降った雪がふかふか。その下に、古い雪があります。
左手に東谷山。
2011年02月19日 10:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に東谷山。
途中、2回、右手の地王堂川へ下りる分岐を見送ります。強い風で雪庇。
2011年02月19日 10:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、2回、右手の地王堂川へ下りる分岐を見送ります。強い風で雪庇。
行動食は、今日も寒風干しのリンゴ。
2011年02月19日 10:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行動食は、今日も寒風干しのリンゴ。
上流部で林道跡は自然に地王堂川へ下りていきます。写真は、上から3番目の堰堤で、左岸に河岸段丘地形の上に出るゆるやかな枝沢が降りています。目印は対岸のこの枝沢です。
(この写真は帰りに記録のため撮影)

行きに、ここで対岸へ出れば良かったのですが、私は右岸の林道跡をさらに進み、一番上の堰堤の下で雪の川原を越えました。
2011年02月19日 14:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部で林道跡は自然に地王堂川へ下りていきます。写真は、上から3番目の堰堤で、左岸に河岸段丘地形の上に出るゆるやかな枝沢が降りています。目印は対岸のこの枝沢です。
(この写真は帰りに記録のため撮影)

行きに、ここで対岸へ出れば良かったのですが、私は右岸の林道跡をさらに進み、一番上の堰堤の下で雪の川原を越えました。
一番上の堰堤がすぐ上に見える川原で、左岸へ渡りました。対岸の崖状地形は、木につかまり腕力で。帰りはここは通るまい! と思いました。
2011年02月19日 11:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番上の堰堤がすぐ上に見える川原で、左岸へ渡りました。対岸の崖状地形は、木につかまり腕力で。帰りはここは通るまい! と思いました。
沢床から。水は流れていません。
2011年02月19日 11:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢床から。水は流れていません。
一番上の堰堤。
2011年02月19日 11:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番上の堰堤。
カモシカも深雪のなか、苦労して動いていました。
2011年02月19日 11:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカも深雪のなか、苦労して動いていました。
右岸をすすみ、我がトレースをふりかえる。
2011年02月19日 11:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸をすすみ、我がトレースをふりかえる。
苗場山と、神楽峰。
2011年02月19日 11:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山と、神楽峰。
見上げる日白山。
ここで2人がスキーで下降してきました。二居峠からの縦走組みです。

この先で、上部のブナ林に入る手前で、細く雪庇状のテラスがある細い尾根が右手(最低鞍部)から落ちてきます。
私は、その手前で左に進み、枝沢をトラバースして斜上しました。この枝沢は、雪の条件によっては細く雪崩れる可能性があります。
稜線へは鞍部方向へ進む雪庇をもつ尾根をすすむのが、本来は良いようです。
2011年02月19日 12:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる日白山。
ここで2人がスキーで下降してきました。二居峠からの縦走組みです。

この先で、上部のブナ林に入る手前で、細く雪庇状のテラスがある細い尾根が右手(最低鞍部)から落ちてきます。
私は、その手前で左に進み、枝沢をトラバースして斜上しました。この枝沢は、雪の条件によっては細く雪崩れる可能性があります。
稜線へは鞍部方向へ進む雪庇をもつ尾根をすすむのが、本来は良いようです。
ブナ林に入ります。3度目の急斜面。
2011年02月19日 11:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に入ります。3度目の急斜面。
雪がかなり深くなってきました。
スノーシューは深雪ではスキーのようにエッジングを効かせた登りがむずかしい。
斜めにジグザグを切っても、足が落ち込みます。
膝程度ですが、吹き溜まりは腿まで雪に没します。
2011年02月19日 12:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がかなり深くなってきました。
スノーシューは深雪ではスキーのようにエッジングを効かせた登りがむずかしい。
斜めにジグザグを切っても、足が落ち込みます。
膝程度ですが、吹き溜まりは腿まで雪に没します。
1
時間がかなりきびしくなってきました。
2011年02月19日 12:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間がかなりきびしくなってきました。
上越から奥志賀方面まで見渡せます。
はるか下に、遠く、二居の集落。
2011年02月19日 13:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上越から奥志賀方面まで見渡せます。
はるか下に、遠く、二居の集落。
稜線直下、1500mを越えました。
2011年02月19日 13:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線直下、1500mを越えました。
ついに時間が13時を回りました。日白山へはこの地点から、まだ往復1時間30分はかかります。
なにかアクシデントがあると明るいうちに帰りつけなくなるため、ここで今回は引き返します。
2011年02月19日 13:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに時間が13時を回りました。日白山へはこの地点から、まだ往復1時間30分はかかります。
なにかアクシデントがあると明るいうちに帰りつけなくなるため、ここで今回は引き返します。
引き返し点から、下降した位置。
登山口を8時前に出発するようにして、いずれまた再挑戦します。
ここからの尾根の下降は、スノーシューでも飛ばせますが、スキーにはかなわない。
2011年02月19日 13:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返し点から、下降した位置。
登山口を8時前に出発するようにして、いずれまた再挑戦します。
ここからの尾根の下降は、スノーシューでも飛ばせますが、スキーにはかなわない。
堰堤にむかって、下部のブナ林帯。
2011年02月19日 13:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤にむかって、下部のブナ林帯。
コシアブラの枝先がウサギに食べられていました。
2011年02月19日 13:49撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシアブラの枝先がウサギに食べられていました。
マクロ失敗。これもコシアブラ。
2011年02月19日 14:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マクロ失敗。これもコシアブラ。
根あけ。風は温かくなってきました。
2011年02月19日 14:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根あけ。風は温かくなってきました。
右岸から幅4メートルほどの沢型が落ちるところから、先に降りたスキーの跡をたどって、上から3番目の堰堤へ下ります。
降りた対岸には登りで通過した林道跡があります。林道跡は、やや薮混じり。
そこから100メートル足らずで、林道。
2011年02月19日 14:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸から幅4メートルほどの沢型が落ちるところから、先に降りたスキーの跡をたどって、上から3番目の堰堤へ下ります。
降りた対岸には登りで通過した林道跡があります。林道跡は、やや薮混じり。
そこから100メートル足らずで、林道。
また林道です。
スキーとスノーシューはここでかなり違う。
2011年02月19日 14:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また林道です。
スキーとスノーシューはここでかなり違う。

感想/記録

 壊れた山スキー兼用靴は、10年余り使ってきたので、寿命だったと思います。破砕が林道を登り出して、いよいよスキーを履くという時点だったのが幸いしました。

 それにしてもプラスチック製は、ある日、ある時、突然ひどく壊れる。どこかで皮製、バックル付きの兼用靴をオーダーで作っていないかな、と思います。
 アプローチでも、アイゼンに切り替えても、やはり歩きやすいので。
 そして修繕しながら、長く使え、不意の破砕もないし。

 ルートの様子がつかめたので、来季に再挑戦します。
訪問者数:2590人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ